ダウンロード数は多い?バチカンが同時通訳アプリをリリース

2018年7月27日、バチカン市国がローマ法王の演説を聞くための同時通訳アプリ「Vatican Audio」をリリースしました。

アプリはフランシスコ法王が話すイタリア語を、スペイン語やポルトガル語、フランス語、ドイツ語、英語に翻訳してくれるとのこと。

すでに精度の高い翻訳アプリはいくつもリリースされているし、機能自体は珍しくありません。ですが、世界中のカトリック教徒の数を考えると、ダウロード数はかなり多くなりそうですよね。なんせ10億人を優に超えるんですから。

世界で一番読まれている本は聖書というのと同じ類いの話です。

Top image: © iStock.com/uschools
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
地震のときも台風のときもダウンロードしないままだった「東京都防災アプリ」。2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、これがなかなか、都民じゃ...
7月に「Who’s In Town?」というアプリがリリースされた。地図上で特定のInstagramのフォロワーに自分の位置情報を共有できて、誰かから教え...
「フランス人の女の子と知り合ったとき、アイデアを思いついたんだーー」そう語るのは、リアルタイムで外国語を翻訳してくれるイヤホン「the Pilot」の開発...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。