赤ちゃんの言っていることがわかる!?泣き声から原因分析するアプリがリリース予定

泣いている赤ちゃん、何を伝えようとしているのかもっとわかってあげられたらいいのにーー。そんな思いに応えるアプリが、2016年の秋ごろから使えるようになるかもしれません。

可能性が高い原因をアプリで表示

このシステムは、子育て支援アプリを開発する「ファーストアセント」が開発したもの。スマートフォンのマイクを使って赤ちゃんの泣き声をとると、クラウドを経由してAIがその理由を分析します。

「眠い70%、つまらない25%、おなかがすいた5%」など、可能性が高いもの順に表示。

分析には、大量のデータに見える特徴を自動学習していく、人の脳を真似た情報処理方法「ディープラーニング」を導入しています。

子育ての悩みが減るかも?

同社は2016年6月ごろから1,000人ほどのモニターを募集。そこで得られた反応をもとにして精度を高めていく考えだそう。秋にはいま提供しているアプリで、子供の成長記録が簡単に残せる「パパっと育児@赤ちゃん手帳」へと機能を実装し、リリースする予定です。お値段は無料。

可能性が高いものからあたり、素直に泣きやんでくれたら嬉しいですよね。新米のパパママには強い味方かも?

Licensed material used with permission by First Ascent
「ChatterBaby」は、アメリカのUCLAで研究しているブレーンたちの知識がいっぱい詰まった、赤ちゃんの泣き声を“翻訳”してくれるアプリだ。精度は約...
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
言葉で感情を伝えることのできない赤ちゃんは、泣くことでしか表現することができません。お腹がすいているのか、おむつを替えてほしいのか、もしかしたらどこか痛い...
「妊娠しているときから、もっと夫にも子どもに興味を持ってほしい」。そうは思っても、実際にお腹に赤ちゃんを抱えていないパパにとっては、ママの大変さや気持ちを...
「Snapchat」がユーザーのメンタルヘルスをサポートする機能「Here for you」のローンチを発表。