「なんで泣いているの?」産後うつのママを救うかもしれないテクノロジー

言葉で感情を伝えることのできない赤ちゃんは、泣くことでしか表現することができません。お腹がすいているのか、おむつを替えてほしいのか、もしかしたらどこか痛いのか…泣き声だけで判断するのはとても困難です。

どうして赤ちゃんが泣いているのかわからないと、子育ても大変。「なんで?」が積もり積もってストレスになり、産後うつになってしまうママも少なくありません。

そんな子育てを手助けするために「赤ちゃんの痛みを計測する」という研究がオックスフォード大学で進んでいます。

痛みを感じたときの
赤ちゃんの「脳波」の違い

932192337e442307e609b0e5ed420372244ed8a5

小児科のCaroline Hartley氏とRebecca Slater氏による研究では、赤ちゃんの脳波にも大人の脳波と同様「痛みを感じたときだけ」に現れる、明確なパターンがあるといいます。

実験では合計72名の新生児を対象に、足に軽い刺激を与えたときの脳波を測定。

そのデータをもとに作られたのが「赤ちゃんが痛みを感じたときに現れる脳波(EEG)」のテンプレート。これを使えば、赤ちゃんが痛みを感じているかどうか、どれくらいの痛みを感じているかを測定できる、というわけです。

D9f4def8bd4a82c0cc370d5f267f50c4612c93f293358d3dd7050c75bd89799688fba76d6a452a1a

実用化には
まだ課題あり

3e2b623fb181aafb23f214c7989a48ff20c481c8

その後の検証で、赤ちゃんに刺激を与えた際に、テンプレート通りの脳波が測定できた割合は65%だったそう。高い数値に見えるかもしれませんが、痛みが伴わない刺激を赤ちゃんに与えた際にも、64%の割合でテンプレートに似た脳波が現れています。

データにはまだまだ向上の余地があり、実用化までには少し時間がかかりそうです。

Fdab59db65d83f5416ef2126369f855fb5be056f41025ac2668675e50ab82222163cd4a15f99b96c

発展途中とはいえ、この試みが成功すれば新生児の医療現場は随分状況が変わってくることが予想されます。

今まで赤ちゃんの痛みの反応については、鼻孔の広がりや眉の膨らみ、心拍数など外見による、主観的な判断が主流でした。一方でEEGテンプレートは、世界初の客観的な指標になるのです。

研究が進むにつれ、子育て中に赤ちゃんが泣いている理由がわからず途方に暮れる…なんて機会も少なくなるかもしれません。今後の進展に期待が高まりますね。

Licensed material used with permission by University of Oxford
ある調査によれば、アメリカでは9人に1人が産後うつを経験するのだとか。だから、Tovaさんは「多くのママにどういった症状が出て、どう対処すべきなのかを伝え...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
4児の母であるErinさんは、産後うつに悩まされていました。お医者さんから「自分の時間を大事にね」なんて言われていても、育児に追われて自分のことはついつい...
泣いている赤ちゃん、何を伝えようとしているのかもっとわかってあげられたらいいのにーー。そんな思いに応えるアプリが、2016年の秋ごろから使えるようになるか...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
待望の赤ちゃんが産まれしあわせな日々、のはずなのに突然涙がでたり、訳もなく気分が落ち込む。いわゆる「マタニティーブルー」は、慣れない育児による疲れだけでな...
2015年6月23日に公開以来、1,700万回以上再生されているこちらの人気動画。「Pampers」が、マザーグースの子守唄『Hush,Little Ba...
この赤ちゃんにとって、絵本を閉じることほど「この世に悲しいものはない」のかもしれません。絵本を読んでくれるママの「お〜しまい」を聞くのがイヤでイヤでしょう...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
大好きな人と結婚して、子どもが生まれて。とても幸せなはずなのに、毎日の子育てでどんどん消耗していく…。自分の時間が取れない、子どもが思うように言うことを聞...
女優業のかたわら、米アイビーリーグの名門校ブラウン大学を2014年5月に卒業したイギリス人女優エマ・ワトソン。彼女が英オックスフォード大学のカレッジのひと...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
2015年に女の子を出産したイラストレーターLucy Scottさんの言葉。母となり初めて感じた大変さをイラストに残していきました。どれも新米ママの苦悩が...
妊娠しているとお腹が大きくて生活に不自由したりと大変なことがたくさん。自分の妊婦体験をインスタグラムでクレイティブに表現しているのはMaya Vorder...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
子育て中のママは、さまざまなことを一人で抱え込んでしまうことも。そんなとき、ちょっとしたパパの気づかいがあれば、いつまでもご夫婦が仲良くいられはずです。子...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
なんだか体が重い、やる気が出ない、イライラする…。そんな症状が出たら、ひょっとするとうつっぽい状態になってしまっているかもしれません。でも、周りにそんな人...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
不安障害、パニック発作、うつ。昔に比べると「心の病」についての理解が進んできたとはいえ、まだまだ見ためには分からない病気を抱えた人たちは、生活に苦労が絶え...