家族にも内緒です。大阪のママたちの隠れ家「ねき」

「うちの祖母がよく使ってたんです。『ねき寄り〜』って。そばとか近くっていう意味なんですけどね」

大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。

でも、実際に訪れてみて納得しました。自分の家の「そば」に欲しい…。
一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。

カラフルな
OBANZAI(おばんざい)

この日、選んだのは

・人参とクスクスの蜂蜜マスタードマリネ
・つるむらさきのエスニック炒め
・ひよこ豆ときのこのスパイス炒め
・かぼちゃのスパニッシュオムレツ
・塩麹漬むし鶏のサラダ

の5品。

最初は正直「足りるかな、満足できるかな」と思いましたが、見事にその予想は打ち返されました。

うまい…。

ただ、取材をしていて素朴な疑問が浮かびました。
これって何料理って言うんだろう?

「自分の料理を“創作料理”って言うのは、なんか恥ずかしいというか、違う気もしていて、自分でも何料理って言うのがいいんだろう…と考えることもあります。でも、さまざまな国の料理を本で勉強したり、実際に食べ歩いたり、時には外国人の方のお宅に習いにいったこともあって、それを日本人である自分の口に合うようにアレンジしたり、何度も試行錯誤するなかで、今のレシピに仕上がってきたんだと思います」

そう語るのは、東京で約8年フードコーディネーターとして働いていたという女性オーナーの泉裕子さん。これこそ自分の天職だ、と充実した毎日を送っていたものの、都会の忙しないライフスタイルから一変、生まれ育った高槻市でお店を構えることに。

野菜をふんだんに使った「OBANZAI(おばんざい)」は、地元の女性たちを中心に、知る人ぞ知る名店として愛されています。

上の盛り合わせで1,000円と、お財布にも優しいんです。

「わたし自身、野菜が好きなので、そういうメニューが中心です。味付けはもう本当に色々で、イタリアン系からエスニック系まであります。両親が岡山で畑もやっているので、そこの野菜を使うこともありますよ」

と、泉さん。

しっかりめの味付けは、男性も満足できるはず。

やさしい味なのに、意外と満腹感もある「茄子と胡麻豆乳のスープ玄米」は、ランチの人気メニュー。

ある常連のママさんは、こんな話をしてくれました。

「すごく近所に住んでるんですけど、ここだけは家族も知らないんです。ひとりで来たり、ママ友たちと来たり——。ひとつくらい、そういうお店があってもいいですよね」

取材日は、あいにくの雨でした。最寄駅が、高槻駅のひとつ手前にある「摂津富田」というのも、渋いポイント。

でもこの「ひっそり感」こそ、ねきの魅力なんですよね。

「ねき」

住所:大阪府高槻市冨田丘町6-18
(最寄駅:JR摂津富田駅)
TEL:070-5366-3092
営業時間:水〜土 18:00〜23:00、火 11:30〜15:00
定休日:日曜日、月曜日

Photo by JAPAN LOCAL
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
くるみや黒ごま、とうもろこし、木の芽、味噌など豊富なラインナップを展開するのは、大阪・豊中市にある専門店「森のおはぎ」。小さな商店街にある小さな小さなお店...
関西在住の女性たちがこぞって足を運ぶ。そんな神社が大阪府松原市にあるそうです。その目的は、ある「おみくじ」を引くこと。彼女たちが夢中になる理由とは一体!?
さまざまなものが機械化されている現在においても、人の手でしか作ることができないものが、まだまだ数多くあります。先祖代々受け継がれてきた伝統技術も、その最た...
自分が子どもの頃から通ってるお店や、何十年続く老舗もいいけど、最近できたばかりのお店が自分の理想通りだったときの喜びは、計り知れない。しかも、職場や自宅の...
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
困難とされていたマグロの完全養殖に、約30年の年月をかけて成功した近畿大学。そのマグロが「近大マグロ」として販売されていることはよく知られています。でも、...
昼に外を歩いても出会えない景色が「夜の街」にはたくさん溢れています。仕事帰りに飲みにきたサラリーマンや、学校帰りの学生——。繁華街は、とても賑わっています...
100年以上の歴史がある通天閣のふもとにある「新世界市場」は、今では半分以上のお店が閉まっている、いわゆるシャッター街。でも、そこが以前のように活気ある市...
活版印刷の印刷所が少なくなっているなか、「echos」は大阪・東船場の築約40年の煉瓦造りの建物に誕生しました。ちなみに、関西では初の活版印刷を使ってもの...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
雰囲気で食べさせる——。そんなお店が好きです。ご飯がおいしいのはもちろんだけど、「毎日通いたい、ずっと通いたくなる店」には、それだけじゃない癒しポイントが...
普通のラブホテルで盛り上がらなくなったら「ビンテージ」なラブホテルを ——。大阪在住のフォトグラファーRik Sanchez氏は、妖艶なモデルの女性と共に...
大阪・河内地方に伝わる盆踊り「河内音頭」。地元では、夏だけではなく春でも冬でも季節に関係なく踊られ、発祥の地・八尾市では、踊りながら年越しをする人もいると...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
琉球の女神アマミキヨが降り立ったと伝わる、沖縄県南城市の百名ビーチのほど近く。森の奥に少し入っていくと、隠れ家のような「カフェビーンズ」が見えてきます。敷...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
「買う」だけでなく「借りる」こともできるんだって。