家族にも内緒です。大阪のママたちの隠れ家「ねき」

「うちの祖母がよく使ってたんです。『ねき寄り〜』って。そばとか近くっていう意味なんですけどね」

大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。

でも、実際に訪れてみて納得しました。自分の家の「そば」に欲しい…。
一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。

カラフルな
OBANZAI(おばんざい)

857a83153486f4f16c2bb718b850e66f00aa918c

この日、選んだのは

・人参とクスクスの蜂蜜マスタードマリネ
・つるむらさきのエスニック炒め
・ひよこ豆ときのこのスパイス炒め
・かぼちゃのスパニッシュオムレツ
・塩麹漬むし鶏のサラダ

の5品。

最初は正直「足りるかな、満足できるかな」と思いましたが、見事にその予想は打ち返されました。

うまい…。

ただ、取材をしていて素朴な疑問が浮かびました。
これって何料理って言うんだろう?

「自分の料理を“創作料理”って言うのは、なんか恥ずかしいというか、違う気もしていて、自分でも何料理って言うのがいいんだろう…と考えることもあります。でも、さまざまな国の料理を本で勉強したり、実際に食べ歩いたり、時には外国人の方のお宅に習いにいったこともあって、それを日本人である自分の口に合うようにアレンジしたり、何度も試行錯誤するなかで、今のレシピに仕上がってきたんだと思います」

そう語るのは、東京で約8年フードコーディネーターとして働いていたという女性オーナーの泉裕子さん。これこそ自分の天職だ、と充実した毎日を送っていたものの、都会の忙しないライフスタイルから一変、生まれ育った高槻市でお店を構えることに。

野菜をふんだんに使った「OBANZAI(おばんざい)」は、地元の女性たちを中心に、知る人ぞ知る名店として愛されています。

上の盛り合わせで1,000円と、お財布にも優しいんです。

3474794a730b6d44df63ddf5dd8b02aacb19c9890f96fc008ad50bd37910f611e3342760a4156e22

「わたし自身、野菜が好きなので、そういうメニューが中心です。味付けはもう本当に色々で、イタリアン系からエスニック系まであります。両親が岡山で畑もやっているので、そこの野菜を使うこともありますよ」

と、泉さん。

しっかりめの味付けは、男性も満足できるはず。

019a4bc9a7700231741defe6e1c56ac59d383b8e157b708a7197fdd5260bd704058bfc8797985ceb

やさしい味なのに、意外と満腹感もある「茄子と胡麻豆乳のスープ玄米」は、ランチの人気メニュー。

220bdb65782f45bf6f87a959287ca76b08583e57

ある常連のママさんは、こんな話をしてくれました。

「すごく近所に住んでるんですけど、ここだけは家族も知らないんです。ひとりで来たり、ママ友たちと来たり——。ひとつくらい、そういうお店があってもいいですよね」

5513df1caa7a258b38f98a6430bbc2d419a0855e064762d8ff7342a99010b9c405fdaec42fa67782

取材日は、あいにくの雨でした。最寄駅が、高槻駅のひとつ手前にある「摂津富田」というのも、渋いポイント。

でもこの「ひっそり感」こそ、ねきの魅力なんですよね。

「ねき」

住所:大阪府高槻市冨田丘町6-18
(最寄駅:JR摂津富田駅)
TEL:070-5366-3092
営業時間:水〜土 18:00〜23:00、火 11:30〜15:00
定休日:日曜日、月曜日

Photo by JAPAN LOCAL
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
自分が子どもの頃から通ってるお店や、何十年続く老舗もいいけど、最近できたばかりのお店が自分の理想通りだったときの喜びは、計り知れない。しかも、職場や自宅の...
関西在住の女性たちがこぞって足を運ぶ。そんな神社が大阪府松原市にあるそうです。その目的は、ある「おみくじ」を引くこと。彼女たちが夢中になる理由とは一体!?
くるみや黒ごま、とうもろこし、木の芽、味噌など豊富なラインナップを展開するのは、大阪・豊中市にある専門店「森のおはぎ」。小さな商店街にある小さな小さなお店...
さまざまなものが機械化されている現在においても、人の手でしか作ることができないものが、まだまだ数多くあります。先祖代々受け継がれてきた伝統技術も、その最た...
雰囲気で食べさせる——。そんなお店が好きです。ご飯がおいしいのはもちろんだけど、「毎日通いたい、ずっと通いたくなる店」には、それだけじゃない癒しポイントが...
100年以上の歴史がある通天閣のふもとにある「新世界市場」は、今では半分以上のお店が閉まっている、いわゆるシャッター街。でも、そこが以前のように活気ある市...
活版印刷の印刷所が少なくなっているなか、「echos」は大阪・東船場の築約40年の煉瓦造りの建物に誕生しました。ちなみに、関西では初の活版印刷を使ってもの...
大阪・河内地方に伝わる盆踊り「河内音頭」。地元では、夏だけではなく春でも冬でも季節に関係なく踊られ、発祥の地・八尾市では、踊りながら年越しをする人もいると...
琉球の女神アマミキヨが降り立ったと伝わる、沖縄県南城市の百名ビーチのほど近く。森の奥に少し入っていくと、隠れ家のような「カフェビーンズ」が見えてきます。敷...
昼に外を歩いても出会えない景色が「夜の街」にはたくさん溢れています。仕事帰りに飲みにきたサラリーマンや、学校帰りの学生——。繁華街は、とても賑わっています...
「買う」だけでなく「借りる」こともできるんだって。
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
普通のラブホテルで盛り上がらなくなったら「ビンテージ」なラブホテルを ——。大阪在住のフォトグラファーRik Sanchez氏は、妖艶なモデルの女性と共に...
大阪のソウルフード「たこ焼き」に合わせるスパークリングワインがある。それが「たこシャン」だ。たこ焼き+シャンパン。これ、通称ではなく正式な商品名。いかにも...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...