【大阪府】TKGとの相性が良すぎる、「自由軒カレーみそ」

大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。一般的なカレーとは異なるその食べ方は、まだ炊飯器のなかった明治時代に「お客さんにいつもおいしいカレーを食べてもらいたい」という自由軒創業者、吉田四一氏の想いから生まれたそうです。

そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きなときに好きな量だけ味わえるのが「自由軒カレーみそ」です。

「自由軒カレーみそ」の
TKG(卵かけご飯)

©2018 Makoto Kujiraoka

自由軒のカレーに欠かせないのが、卵です。もちろんこのカレーみそも卵との相性が抜群。つまり、白ご飯×自由軒カレーみそ×卵で、ちょっと変わったTKG(卵かけご飯)が楽しめてしまうんです。

使われている味噌には、淡路産の甘みが強い玉ねぎと牛豚の合挽き肉が含まれていて、自由軒のカレーと合わさることでさらにご飯が進む味になっています。

普通なら醤油をかけて食べるTKGですが、自由軒ルールでソースを垂らしてみるのも面白そうですね。

100年前と変わらない
明治時代の庶民カレー

©2018 Makoto Kujiraoka

明治初期、カレーライスは高級な西洋料理店でしか食べることのできないハイカラ料理でした。しかし急速に文明開花が進んだこの時代、明治後期にもなるとカレーは広く庶民の味として親しまれるようになり、自由軒も明治43年に大阪難波でオープンしました。

現在も自由軒で食べられる人気メニュー「名物カレー」では、この頃に作られた「混ぜカレー」の味を楽しむことができます。門外不出の秘伝の出汁を加え、当時はまだ高級だった卵を使い、さらにソースをかけていただきます。

カレーはインド発祥で、イギリスから日本に入ってきた料理です。それから100年余り、日本各地で独自の進化を遂げ、この大阪でも多様な味のカレーを食べることができます。しかしその一方、100年間変わらぬ味を食べることができるのもまた、大阪という町の魅力なのかもしれませんね。

©2018 Makoto Kujiraoka

購入は、伍魚福より。

Top image: © Makoto Kujiraoka
【特集】47都道府県の「ご飯のお供」、集めました

関連する記事

新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
食べたいときに、たった3分で本格カレーが食べられる。「ザ・クラフトカレー」。
応援購入サービス「Makuake」の先行販売で完売するほど人気だったクラフトカレー「22時のカレー(よるくち)」のオンラインストアがオープン。一日の終わり...
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
世田谷区奥沢にオープンした「D&DEPARTMENT DINING(現「d食べる研究所」)」で、創業当時から続く人気メニュー「d&ドライカレー」がレトルト...
ルーを使わずパウダーで仕上げるカレー味のピタサンドです。火も使わないのでラクちん。豆たっぷりでたんぱく質が豊富!冷めてもおいしいんですよ。
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
フライドポテトを主役としたクラフトポテト専門店「POTALU(ポタル)」。大阪府大正区の複合施設「TUGBOAT TAISHO」に1/18(土)オープン。
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
鹿児島の名産といえば、黒豚に奄美のサトウキビから作るお砂糖、それに地元産の麦味噌を加えて作った「黒豚みそ」が有名。ご飯のお供としてはもちろん、野菜スティッ...
大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。野...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
今回は代官山にある「MARGOTH(マルゴ)」。“ステーキ×カレー”っていう夢のコラボレーションを食べてきたで!SNSで人気のお店って実際はどーなんよ?見...
茶碗1膳分、食べきりサイズのレトルトカレーです。
東京・練馬区にある「豊島園」に向かって歩いていると、おいしそうな昔ながらのかき氷屋さんを見つけた。店内に入ると「カレーとかき氷のセット」が目に入った。辛み...
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
カレーとの相性のよさを追求した英国発プレミアムビール「コブラ」が日本上陸。炭酸を和らげ、スパイスな繊細な味わいを感じられるよう苦味を抑えた爽やかな風味が特徴。
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
製品化したのは、デザイナーの太刀川英輔さん。食事もまともにできない多忙な日々のなかで、レトルトカレーをそのまま食べてみたところ、意外にイケる、どころか、ウ...
グルテンフリー&無添加のカレーパウダーをインスタントコーヒーのようにお湯でさっと溶かして飲む「DRINCURRY(ドリンカレー)」が登場!