大阪の廃材クリエイター、GONZO。きっかけは文楽の人形づくりだった

ここ数年、毎年増えつづけている大阪に訪れる外国人観光客。

その中心でもある難波の一角に、文化住宅をリノベーションした「道草アパートメント」という建物があります。 もともとあったものを再利用する、というコンセプトで現在も複数の店舗が入っているんですが、なかでも通行人の目を奪うフランケンシュタインをモチーフに廃材を利用したモノづくりをしている「Franken Furnitures(フランケン ファニチャーズ)」のクラフトマン、GONZOさんにお話を伺いました。

中学生のとき体験した
「文楽の人形づくり」

4858547032555520

GONZOさんが初めてモノを作る経験をしたキッカケは、中学校の職業体験。同級生たちが普通のお店に職業体験に行くなか、GONZOさんは「文楽の人形づくり」を選択して、2週間弟子入り。

「生まれた街は、文楽の発祥の地『淡路島』にある人形の街とも呼ばれる南あわじ市で、生まれたころから浄瑠璃人形などを見る機会に恵まれていました」

4793018179649536

「小さいころからよく壊れた物を分解していたので、親からも『壊し屋』と言われていました。絵を描くことはずっと好きで描いていたけど、モノづくりは文楽の人形が初めてでしたね」

古いものは再現できないし
まだ使えるのにもったいない

6224613994397696

「古いものって、再現できないんです。いろんな人が使ってきて、いろんなストーリーが詰まっているんです」

たとえば、古民家で使っていた家具をそのままマンションで使おうとすると、雰囲気が合わない……。そんな要望に応えるために、リメイクして新しい命を吹き込むのだそうです。オーダーメイドで引き受けるときは、実際にお客さんのお宅まで伺ってデザインを検討することも。

「デザインは完全に任されるので、いかにお客さんの生活スタイルに合わせるかを意識して提案しています」

徐々に近所の人が「いらん物あるから使ってや!」と持って来てくれるケースも増えているそうです。

GONZOさんによって
新しい命が吹き込まれる

6177434214858752

僕たちが普段何気なく捨ててしまうものでも、GONZOさんが手を加えることで新しい命が吹き込まれます。製作過程でスケッチなどをせず、目の前にある廃材からインスピレーションを膨らませて作品製作をするそうです。

「外を歩くときはいろんなものを見ながら、どういう風に利用できるか、とずっと考えていますね」

できあがった作品は、世界にひとつしかありません。機械で量産できる時代だからこそ、僕たちも手づくりでオンリーワンなものに惹かれてしまうのかもしれません。

5918918086492160

集大成は
フランケンシュタインの
スピーカー

4812069849268224

廃材クリエイターになる以前は、ダンス、ヒップホップ、音響PA、エンジニアなど、様々な活動をしてきたそうです。

ヒップホップでいろいろな音をサンプリングして音楽を作っていくように、廃材を組み合わせて、新しいものを作る。そうして完成した作品のなかで、一番思い入れがあり人気もあるのが、フランケンシュタインのスピーカー。

「中学生時代に体験した人形づくりにインスパイアされている部分がありますし、人の形にすることで思い入れも深くなりますよね。これには、自分がこれまで経験してきたことがすべて詰まっているんです。人形づくりという伝統文化は今、継承者も少ないので、自分の作品をきっかけてに、いろんな人に文楽を知ってもらえるようにしたいですね」

今後は、フランケンシュタインをテーマにしたテーマパークを作ることも視野に入れているそうです。

4940071316750336

取材当日も、隣のバーでお酒を飲んでいた海外からのお客さんが上機嫌にお店に入ってきて盛り上がっていました。GONZOさんの気さくな人柄も、たくさんの人が集まってくる理由のひとつなのかもしれません。

「FRANKEN FURNITURES」

住所:大阪府大阪市中央区高津3-8-31 道草アパートメント1F
TEL:06-6648-8676
HP:https://franken-furnitures-webstore.com/
SNS:Instagram

Licensed material used with permission by yuji hirai, (Instagram)
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。野...
さまざまなものが機械化されている現在においても、人の手でしか作ることができないものが、まだまだ数多くあります。先祖代々受け継がれてきた伝統技術も、その最た...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
くるみや黒ごま、とうもろこし、木の芽、味噌など豊富なラインナップを展開するのは、大阪・豊中市にある専門店「森のおはぎ」。小さな商店街にある小さな小さなお店...
自分が子どもの頃から通ってるお店や、何十年続く老舗もいいけど、最近できたばかりのお店が自分の理想通りだったときの喜びは、計り知れない。しかも、職場や自宅の...
関西在住の女性たちがこぞって足を運ぶ。そんな神社が大阪府松原市にあるそうです。その目的は、ある「おみくじ」を引くこと。彼女たちが夢中になる理由とは一体!?
活版印刷の印刷所が少なくなっているなか、「echos」は大阪・東船場の築約40年の煉瓦造りの建物に誕生しました。ちなみに、関西では初の活版印刷を使ってもの...
100年以上の歴史がある通天閣のふもとにある「新世界市場」は、今では半分以上のお店が閉まっている、いわゆるシャッター街。でも、そこが以前のように活気ある市...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
雰囲気で食べさせる——。そんなお店が好きです。ご飯がおいしいのはもちろんだけど、「毎日通いたい、ずっと通いたくなる店」には、それだけじゃない癒しポイントが...
個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。...
大阪・河内地方に伝わる盆踊り「河内音頭」。地元では、夏だけではなく春でも冬でも季節に関係なく踊られ、発祥の地・八尾市では、踊りながら年越しをする人もいると...
昼に外を歩いても出会えない景色が「夜の街」にはたくさん溢れています。仕事帰りに飲みにきたサラリーマンや、学校帰りの学生——。繁華街は、とても賑わっています...
困難とされていたマグロの完全養殖に、約30年の年月をかけて成功した近畿大学。そのマグロが「近大マグロ」として販売されていることはよく知られています。でも、...
普通のラブホテルで盛り上がらなくなったら「ビンテージ」なラブホテルを ——。大阪在住のフォトグラファーRik Sanchez氏は、妖艶なモデルの女性と共に...
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
「買う」だけでなく「借りる」こともできるんだって。
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
「ReBuilding Center JAPAN」を運営している東野唯史さん、華南子さん夫妻は、空間デザインをしながら日本各地を転々とする中で、古い建物の...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
こに暮らしているからこそ見えづらくなる魅力や躍動感が、外から見ると浮き彫りになる。これはその好例だ。たった3週間で、東京、大阪、京都、広島などを撮影して周...
大阪のソウルフード「たこ焼き」に合わせるスパークリングワインがある。それが「たこシャン」だ。たこ焼き+シャンパン。これ、通称ではなく正式な商品名。いかにも...