関西初。誰でも自由に「活版印刷」が楽しめるシェアワークスペース

「活版印刷」という言葉にピンとこない人のために簡単に説明すると、金属や樹脂、または木で作られた活字や版にインクをつけて、圧をかけながら紙に印刷する、という昔ながらの印刷方法のこと。美術の授業でやった木版と同じように、出っ張った部分にインクをつけて印刷します。

大量生産化やオートメーションが進む一方で、一つひとつ自分の手で愛情を込めてものづくり楽しみたい、という人も増えている気がします。

そんな声に応えるべく誕生したのが、活版印刷ワークスペース「echos(エコース)

718b714c89c69fd82a8343bd33d9b3f0978e232d

初心者も安心の
「ワークショップ」あり

活版印刷の印刷所が少なくなっているなか、「echos」は大阪・東船場の築約40年の煉瓦造りの建物に誕生しました。ちなみに、関西では初の活版印刷を使ってものづくりができるワークスペースとなります。

こういった場を待ち望んでいた人ももちろんですが、ここは、活版印刷に馴染みがない初心者の人でも気軽に利用できるのが特徴。

世界にひとつしかないオリジナル商品が、しかも簡単に作れるようにとワークショップも開催されているので、季節ごとのグリーティングカードなどを作りながら体験できるそう。スタッフが丁寧に対応してくれるので、デザインの知識がないという人も心配ありません。

B933326a7ad93ed80f2157e057f700e98e732d34

「オリジナル」に
挑戦してみる

echosには活版印刷の機械はもちろん、必要な紙やインクが揃っています。その場で選んで印刷することも、色を混ぜ合わせて自分のオリジナルカラーをつくることもできます。

金属や木の活字もあるので、版が無くても文字だけ組み合わせて印刷も可能。

慣れてきたら、名刺や結婚式のグリーティングカードなどを作ってみるのもあり。1枚1枚異なった印刷ができるので思い入れが増すし、渡す相手のことを思うと、暖かみのある作品に仕上がることでしょう。

81370263316fd5ad46b6b58d7262e48b759d9c34A5ef20f3f491a76c606c681298d4c4699bd9f193A28e7776c99a114c280631924ebd129937e2dcd50aba54aa2c87e39f8f2ad3f8508df66d960d45651594b73fae7375a3b554ce25a0181afea3957b28

箔押しやシルクスクリーンなど、通常の活版印刷より豪華なものも作れるそうです。活版印刷機は予約制で、1時間1,000円。

F06fb54da04b4e0b69361aa57fd15b1d137ced7b

名前の由来でもある「Echo」には「こだま」の他に、反響や共鳴などの意味もあります。活版印刷にかける思いがまさに反響と共鳴を呼び、クラウドファンディングを達成して生まれたワークスペースです。

味わいのある印刷体験を、大阪でぜひ。

echos(エコース)

住所:大阪府大阪市中央区博労町1丁目2
営業日:火曜日、木曜日、土曜日または日曜日
営業時間:火曜日と木曜日/11:00〜21:00、土日祝日/10:00〜19:00
※要予約

Licensed material used with permission by CAMPFIRE, echos(Facebook)
活版印刷というと、なんだか「昔の技術」という印象がありませんか?実は、伝統的な活版印刷技術も進化を遂げているんです。アメリカでは2000年代前半からレター...
東京都あきる野市にスタジオを構えるBird Design Letterpress。市倉郁倫さんと淑子さんご夫婦が立ち上げた活版印刷ブランドです。元々お二人...
NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。日本でもそんな新し...
関西在住の女性たちがこぞって足を運ぶ。そんな神社が大阪府松原市にあるそうです。その目的は、ある「おみくじ」を引くこと。彼女たちが夢中になる理由とは一体!?
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。野...
自分が子どもの頃から通ってるお店や、何十年続く老舗もいいけど、最近できたばかりのお店が自分の理想通りだったときの喜びは、計り知れない。しかも、職場や自宅の...
くるみや黒ごま、とうもろこし、木の芽、味噌など豊富なラインナップを展開するのは、大阪・豊中市にある専門店「森のおはぎ」。小さな商店街にある小さな小さなお店...
人との出会いや、金銭的な折半ができるなど、シェアハウスのメリットにも様々なものが挙げられますが、日々の暮らしの中で基本になるのは、やっぱり「食」ですよね?...
雰囲気で食べさせる——。そんなお店が好きです。ご飯がおいしいのはもちろんだけど、「毎日通いたい、ずっと通いたくなる店」には、それだけじゃない癒しポイントが...
ここは元々「Brooklyn Navy Yard」と呼ばれており、もともとは海軍所有の造船所でした。1966年に売却された後、イベント会場として利用された...
さまざまなものが機械化されている現在においても、人の手でしか作ることができないものが、まだまだ数多くあります。先祖代々受け継がれてきた伝統技術も、その最た...
100年以上の歴史がある通天閣のふもとにある「新世界市場」は、今では半分以上のお店が閉まっている、いわゆるシャッター街。でも、そこが以前のように活気ある市...
旅行者が現地の人から使っていない部屋や空き家を借りることのできるサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」。知らない人を家にあげることに抵抗を示す人も...
大阪のソウルフード「たこ焼き」に合わせるスパークリングワインがある。それが「たこシャン」だ。たこ焼き+シャンパン。これ、通称ではなく正式な商品名。いかにも...
大阪・河内地方に伝わる盆踊り「河内音頭」。地元では、夏だけではなく春でも冬でも季節に関係なく踊られ、発祥の地・八尾市では、踊りながら年越しをする人もいると...
ドキドキの新生活が間近に迫ってきたけれど、まだ住まいをどうするかは決めていない…。そんな人に向けた記事がこちら。広いお風呂やおしゃれなキッチンなど、希望は...
天才と呼ばれる偉人たちのワークスペースが、どんな場所だったのかが一目で分かる。イギリスのブラインドメーカー「Made to Masure Blinds U...
観光客に「いいお土産がない」と言われ、成り行きで地元の印刷屋さんが商品開発に携わることになった。そこで思いついたのが、「地元の食文化を持ち帰る」というお土...
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...