「東京メトロ」駅構内の個室型ワークスペース「CocoDesk」の提供がスタート

「東京地下鉄株式会社」(以下「東京メトロ」)は「富士ゼロックス」と共同で、個室型ワークスペース「CocoDesk(ココデスク)」の提供を2月20日(木)より東京メトロ駅構内でスタートさせる。

東京メトロはこれまで、テレワークなどのオフィス以外で仕事をするモバイルワーク需要に応えるため、富士ゼロックスと共同で、個人用のワークスペースの開発、実証実験をおこなってきた。そしてついに、正式なサービスとして開始する。

「CocoDesk」は、快適に利用できる広さを確保。モバイル端末利用に必要な電源コンセントWi-Fiを完備し、エアコンによる温度調節も可能となっている。周りを気にすることなく電話や資料作成などを快適におこなえるほか、読書や学習スペースとしての利用も可能だ。

まずは、銀座線・南北線溜池山王駅に3台、千代田線・副都心線明治神宮駅に2台、有楽町線池袋駅に1台、南北線六本木一丁目駅に1台を設置。3月末までには合計10台を設置する予定だ。

駅構内という立地に加え、短い時間での利用が可能であることから、移動中のスキマ時間を有効に活用することができる「CocoDesk」。日本の働き者たちの救世主となるか?

©2020 東京地下鉄株式会社

CocoDesk

【公式サイト】https://www.fujixerox.co.jp/solution/menu/cocodesk

Top image: © 2020 東京地下鉄株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事