すべて「テレワーク」で企画から稽古、公演までおこなう「劇団」が旗揚げ

今、世界中で、表現の場がどんどん閉鎖されている。

「Zoom」は、人がたくさんいても表情が見えやすい。バーチャル背景で舞台はすぐ変えられるし、ワンボタンですぐ配信。投げ銭だってできてしまう。これはむしろ“新しい劇場”になるんじゃないか──?

そう考えたコンテンツスタジオ「CHOCOLATE Inc.」は、このリモート時代だからこそできる表現の形として、企画から稽古、公演までのすべてをZoomでおこなう「劇団テレワーク」を旗揚げした。

4月2日には、公開ワークショップ型のオーディションを開催。参加者は自宅からZoom上でオーディションに参加し、その様子をYouTubeにてライブ配信。計18名の俳優陣が数グループに分かれ、「ソフトクリーム」「欠席裁判」など、与えられたテーマに沿って即興劇を披露した。そのなかのひとつでストーカーをテーマとした「やばい奴」はSNS上で50万回以上も再生されたという。

そして、オーディションから3日後、 Zoomを使っての打ち合わせや稽古を経て「劇団テレワーク」第0回公演が開幕。演目は「自宅にいながらでも出会える世の中に…!」。怪しげなZoom婚活イベントをテーマに、マスク姿のままぬいぐるみを手放さない「謎の女」や、「シフトが入らないフリーター」など、婚活イベントに参加した個性の強い男女8名を俳優陣が演じた。

今後の活動としては、大まかな設定だけ立ててアドリブで展開する「エチュード(即興劇)公演」や、脚本などしっかりと事前準備をしたうえでおこなう「本公演」などを織り交ぜながら、さまざまな人を巻き込んで展開する予定とのこと。

家で演じて、家で観る。そんな、新しいエンタメが、これからはあり得るのかもしれない。

『劇団テレワーク』

【公式YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCm2H3y2lfn72UglFbpnVf6A

Top image: © 2020 株式会社チョコレイト
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事