「これ、本当に子ども向け番組!?」という衝撃。

かき氷屋さんの店長にして、話題のバンド「ねこね、こねこね。」のメンバーという異色のプロフィールを持つ、むらまつえりかさん。ずっと大切にしている“オール・タイム・フェイバリット”の4つめは、おなじみのテレビ番組『デザインあ』です。衝撃的だったというその魅力を、むらまつさんに聞きました。

#FAVORITE.04
『デザインあ』

むらまつえりか:昔からEテレの番組が好きだったんですけど、大学の芸術学部に入ってからさらに好きになって。録画してまで熱中して観てましたね。今でもよく観ますけど。

 ――デザインとかクリエイター的な観点からたのしんでいて?

むらまつ:そうですね。物事を切り取る“視点”みたいなものがすごい面白くて。あと、子どもならではの想像力とか、いつ観ても新鮮ですね。

サントラを買ったのは、たしか5〜6年くらい前の大学1年生の時で。その頃『デザインあ』が始まって、「本当に子ども向けの番組なの!?」って思ってしまうくらい見せ方や構成が洗練されていて、かなり衝撃的でした。

その音楽をやっていたのがコーネリアスで。当時は存在を知っているくらいだったんですけど、これで一気に好きになりました。どの曲もすごいユーモラスで遊び心があって、いちいちキュンキュンさせられました(笑)。

CDデザインも遊び心満載!

4bf4d0088f4718ce72a0c82164665d2ea3f8e03f

むらまつ:ジャケットも、おもしろいですよね!音楽もそうですけど、ゆるくてチャーミングなところがありつつ、すごく緻密に、細部までしっかり作り込まれているんですよね。全てにこだわって作っているところに、本当に感動しちゃいます。

 ーーコーネリアスからは音楽的にも影響は受けてますか?

むらまつ:シンプルな構造というか、シンプルに聴こえるところは影響されてると思います。かといって複雑なことはそもそもできないですけど(笑)。

前回お話したとおり、卒業制作の映像のために最初に曲を作ってみたんですけど、自分ひとりで作るものだったので、知っていた簡単なコードで作ってみて。作り方はその頃から変わっていないので。

 ――当時は「音楽で食べていこう」みたいな気持ちはあったんですか?

むらまつ:全然!なかったですね。本当に純粋に、歌とアニメーションで子どもたちが楽しんで数字と色を覚えてもらえたら良いなっていう気持ちで作ったので。

でも、高校生の時は漠然と「バンドで売れたい」と思ってたんですけど、その頃あるバンドのスタッフをやることになって。今ではすごい売れてるバンドなんですけど、これくらいやらないと音楽で生きていけないんだって考えた時に、私は音楽をサポートする側に回ろうと思ったんです。

結果的に表現する側になってますけど、私が歌っているところを見てほしいというよりは、まず作品に触れてほしいというか。

――ねこね、こねこね。の曲も絵本みたいにパッとイメージが浮かんでくるし、作家的な気質が強いんですね。

むらまつ:そうかもしれないです。やっぱりEテレとか絵本が好きなので、そういうものはずっと根っこにあると思います。

『デザインあ』

2013年1月に発表されたコーネリアスのサウンドトラック。salyu×salyu、Chocolat、嶺川貴子、大野由美子(buffalo daughter)、やくしまるえつこがボーカルで参加したテーマ曲や挿入歌、コーナーBGMを含む全25曲を収録。

次回につづきます。前回のフェイバリットはこちら

いつでも好きなアニメや番組をたっぷり楽しめる時代。“テレビっ子”が増えていっても仕方ないし、そうなるのも当たり前なような気がしてしまう。でも、Donna ...
透明ディスプレイを採用していて、どんな部屋にも馴染むミニマルなテレビの紹介。
レトロなテレビが、ある意味「大画面」でありのままを伝えています。
中身を覆っているフィルム部分は水に溶けるようになっていて、ゴミは出ないし持ち運びに便利なシャンプー。
ユニークな福利厚生の紹介です。
「おきらくごくらく!」というセリフ。知っていますか? 25年以上たった今も影響力がある伝説の番組『ウゴウゴ・ルーガ』の生みの親である当時のチーフディレクタ...
この時代に生きてこられてて、ほんとによかった!
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだ...
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」という思いから作られたのが「G...
ジャズ羊羹というピアノの鍵盤をデザインしたこの商品、一見よくあるインスタ映え狙いのスイーツだと思ったら、その背景に意外な思いが込められていた。この商品を作...
Samsung(サムスン)が「The Frame」という名の新しい薄型テレビを発表。その名の通り、まるで額縁の中に飾られているような、アーティスティックな...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
90年代前半に放送されていたNHKのテレビ番組『ボブの絵画教室』で人気を博した、アフロとヒゲのもじゃもじゃ画家、ボブ・ロスの話を紹介します。30分番組で初...
自分にとって最高の家族の生前を子孫へと受け継ぐために、亡くなった人の人生を絵本にすることを思いついたJuliette Eame。彼女の場合は、小さい頃によ...
仁淀川は、四万十川、吉野川と並ぶ四国三大河川の一つ。なんと、全国1級河川の水質ランキングで、3年連続第1位を獲得中。
子どもの頃に学んだことは、意外と大人になった今でも胸に刺さることが多いのに、いつのまにかフタをしていたり、見て見ぬふりをしてしまっている…。本当に大事な何...
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.27 「イカ天」イカ天知ってるか?後輩のライター(男性24歳)に聞いたら、イカの天ぷらですかという答が返ってきた。うん...
平成の終わりとともに迎えた、平成ポップカルチャーを支えた5人の解散。「終わり」というものを、きっといろんな人が、様々なかたちで意識した。
南インド・チェンナイにある出版社「タラブックス」。『夜の木』は、日本語だけでなく、フランス語、ドイツ語、韓国語、スペイン語、イタリア語にも翻訳され、タラブ...