【衝撃映像】子犬を使って、子どもをあっという間に誘拐する瞬間

過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲しい内容です。

子供を誘い出すことが
どれだけ簡単か

スクリーンショット 2015-09-14 11.27.39

仕掛け人の男性Joyは、愛犬ドーナッツ(実は、結果的にこの名前に決定)を連れて、公園で遊んでいる子どもたちに近づいていきます。会話はこんなやり取り。

Joy:「やあ、見てごらん。可愛い子犬だろ?何て名前だと思う?」少女:「かわい〜!うーん…ダンキンかなぁ?」Joy:「惜しいな〜、ドーナッツって言うんだ。子犬好きかい?他にもいっぱい子犬がいるよ、見せてあげよっか?」少女:「ほんと!?見せて見せて」

少女の手をとり公園の外へと向かうJoy。ごらんの通り、簡単に子どもを連れ去ることができてしまいました。

「うちの子に限って…」
は、通用しない

スクリーンショット 2015-09-14 11.27.02

実は、それぞれの子どもの元へと向かう前、仕掛け人は母親たちに、この社会実験の説明をしています。
「もしも、自分が子どもに話しかけたら、話に乗ってくれるか?それともあなたの元へと逃げてくるか?」
母親たちは、Joyが話しかけてきても誘いには乗らず、自分の元へと戻って来ると考えていました。「知らない人についていっちゃダメ」日頃から、そう言い聞かせていると、どの親も自信があったから。ところが、結果はご覧のとおり。

「この結果に僕も驚いたけど、本当にショックだったのは、親だよね。もともとは、誘拐を題材にちょっとしたいたずらコンテンツのつもりだったんだけどね。この結果を受けて、すべての親に見てもらいたいと思っているんだ」

子犬を口実にすれば、簡単に誘拐が成立してしまう事実を証明して見せたJoy。「この動画を活かして子どもたちへの再教育を」と、米3大ネットワークがすぐさま呼びかける様子を、NYローカルニュースメディア「SILive.com」が伝えています。

「一日に約700人の子どもたちが誘拐され、その数は年間、およそ25万人にも及ぶ」と動画は最後に説明しています。
「うちの子に限って…」きっと、この実験に登場したパパママも、そう思っていたに違いありません。

Reference:SILive.com
Licensed material used with permission by Joeysalads

ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
SNSの危険性を過激な手法で注意喚起する実験動画のご紹介。これは、誘惑される子供たちが悪いというよりも、いかにSNSを介せば、彼ら簡単に誘惑できてしまうか...
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
「NINJAWORKS」が手がける“教育”に関するプロジェクト「GIFT」が話題となっている。クラウドファンディングで公開早々に目標額を達成し、次なるフェ...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
「チャイルド・トラフィッキング」これは子どもの人身売買を意味する言葉。インドでは女の子を誘拐し、強制的に売春をさせているという事実があります。けれど、加害...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
子どもたちの「人助けをしたい」という願いを叶え、さらには行動力や実践力を身につけさせる米アトランタの非営利団体「Kids Boost」が注目を集めている。
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
「ダイソン社」の慈善団体が、在宅中の子どもたちのために身近なものを使ってできる44の実験プロジェクトを無料公開した。
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
伝説的音楽プロデューサーであるクインシー・ジョーンズが監修を務める動画配信サービス「Qwest TV」が日本でのサービスを開始。貴重な映像をライナーノーツ...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
いま、ニューヨークを舞台にした『ホーム・アローン2』が再び話題となっています。ドナルド・トランプ氏がカメオ出演していて、多くの人がそのシーンを削除するよう...
「コクヨ株式会社」が「UHA味覚糖株式会社」、「Whatever Inc.」と共同で、ミントタブレット「minute mint」を企画・制作。1月20日に...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
2015年7月、突如メディアに投稿された1本の動画に世界中が目を疑いました。イスラム国(IS)による人質殺害の様子が収められた映像。それが、なんと映画スタ...
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
ここで紹介するのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのプロジェクト「動物たちにやさしい世界を」の一環で制作された映像。命ある動物が“モノ”として扱われ...