質問の嵐にたじたじの子どもたち。UNICEF動画が警鐘を鳴らすものの正体

国際支援や募金活動のイメージが強いUNICEFですが、子どもの保護を訴える活動の一環として、YouTubeチャンネルでさまざなま動画を公開していることを知っていますか?

ここに紹介するのは、大人になった私たちからしてもヒヤッとさせられる1本です。

明日ジブンにも起こりうること

© UNICEF Video
5612996155932672
©UNICEF Video

子どもたちが部屋に入ると、「お待ちしてました。さぁ座って」「ちょっとお尋ねしたいんだけど、いいかな?」との声。驚いた顔が見る先には……まるで記者会見のような雰囲気の中、次々と質問が投げかけられます。しかもその内容は「なんで知ってるの?」と言いたくなるようなプライベートなものばかり。これには子どもたちもたじたじ。

6573289539371008
©UNICEF Video

──この間はいつもより家に帰るのが遅かったよね?

「うん」

5887487415156736
©UNICEF Video

──このあいだのバスケットボールの試合について聞きたいんだけど、あまり得点をあげられなかったそうだね。

「そうだけど……なんで知ってるの?」

5433157184651264
©UNICEF Video

——この写真でわかるように、あなたずいぶん身体を鍛えていますね?

「まぁ……」

——このスタイルでよく女の子と遊んでいるのですか?

「えぇ……ええと……。バレましたか……(苦笑)」

5951403876941824
©UNICEF Video

──最近、元気がないんだって?

「 う〜ん正直に言うと、元気な時も、そうじゃない時もあるかな」

5415898764541952
©UNICEF Video

——歌を歌ったり、ヴァイオリンやフルートの演奏もされるそうですね。今ここで何か歌ってくれますか?

「え〜、イヤだ恥ずかしいし……」

隠しきれない戸惑い

5786414587314176
©UNICEF Video

「これ、何なんですか?どこからそんな話聞いたの?」

4837943436902400
©UNICEF Video

「なんでそんなに僕のこと知ってるの?おかしいよ……」

6507273039904768
©UNICEF Video

「なんだか気味が悪いよ」

5445390425915392
©UNICEF Video
5964557482721280
©UNICEF Video
5978848717963264
©UNICEF Video

苦笑いして「もう出て行っていい?」と口にしたり、黙って首を横に振ることしかできなくなったり、両手で顔を覆ったり。

見知らぬ他人が自分のことを不気味なほど知っている様子に心がかき乱されていくのが生々しく伝わってきます。しかし……。

それはすべて、
自分でSNS投稿したもの

実は仕掛け人らが口にしたのは、Twitterや Instagram、YouTube、facebook、SnapchatなどのSNSで子どもたちが公開していた内容だったのです。ほぼすべて「自分で」アップしたもの。記者を装った仕掛け人たちよりもずっと多くの、全世界の人間に自分のプライベートを見聞きされている。

その気になれば、こんなストーカーまがいなことだって容易にできてしまう。なんとなくわかってはいても、実際にこうして生身の人間にそれを突きつけられると……やっぱり怖くなってきませんか?

個人情報の公開範囲はきちんとコントロールするように。そんな呼びかけで動画は締めくくられています。危機感が薄いのは、みな同じかもしれません。自身の投稿を振り返ろう、そんな衝動を覚えたのは私だけではないはずです。

Top image: © UNICEF Video
Reference: UNICEF
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
Twitter、Facebook、Instagram、どのSNSにも溢れている食べ物の写真。プロアマの垣根を越えて、およそ100万もの「グルメフォト」が毎...
あなたのお子さんは、純粋に遊んでいるように見えて実は想像以上に大人かもしれません。小さいながらも、発展途上国にいて食べ物がなくて苦しむ同じ子どもたちを助け...
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言い...
ナイジェリアなどと国境を接するチャド共和国の「WenakLabs」という団体が作り出したのは、コンピューター。制作するにあたって、彼らは捨てられたモノから...
日本では絶対にあり得ない、「Cut.com」による、あの衝撃映像シリーズが帰ってきた。今回は、マリファナを3人のおじいちゃんが吸引して、会話する様子を収録...
2015年7月、突如メディアに投稿された1本の動画に世界中が目を疑いました。イスラム国(IS)による人質殺害の様子が収められた映像。それが、なんと映画スタ...
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
ここで紹介するのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのプロジェクト「動物たちにやさしい世界を」の一環で制作された映像。命ある動物が“モノ”として扱われ...
日本では絶対にあり得ない、衝撃的な映像が「Cut.com」に取り上げられ、話題を呼んでいます。なんと、マリファナを3人のおばあちゃんが吸引し、談笑(という...
聴覚に障害のある人たちに、ある質問をした「Cut」のインタビュー動画がいま注目を集めています。彼らにとって、それはとてもデリケートな問いかけ。「今までされ...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
氷河が割れゆく瞬間を捉えたこの貴重な映像は、過去撮影された氷河の分離のなかで、最も巨大なものとして2016年ギネス記録にも認定されました。わずか75分間の...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
2015年7月10日、モデルのEkaterina Juskowskiさんが米マイアミのビーチでPVの撮影をしていました。しかし突然背後から船が現れ、その様...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
そこは、バーチャルとリアルの境界線が曖昧になった世界。デザイナー兼映像制作者のKeiichi Matsuda氏が手がけた『HYPER-REALITY』は、...
今回は、かなり心が震える映像をご紹介。なんと、世界で初めて富士山の頂をドローンで捉えた4K動画があるというのです。空撮されたのは、これまでにほとんどの人が...