質問の嵐にたじたじの子どもたち。UNICEF動画が警鐘を鳴らすものの正体

国際支援や募金活動のイメージが強いUNICEFですが、子どもの保護を訴える活動の一環として、YouTubeチャンネルでさまざなま動画を公開していることを知っていますか?

ここに紹介するのは、大人になった私たちからしてもヒヤッとさせられる1本です。

明日ジブンにも起こりうること

© UNICEF Video
©UNICEF Video

子どもたちが部屋に入ると、「お待ちしてました。さぁ座って」「ちょっとお尋ねしたいんだけど、いいかな?」との声。驚いた顔が見る先には……まるで記者会見のような雰囲気の中、次々と質問が投げかけられます。しかもその内容は「なんで知ってるの?」と言いたくなるようなプライベートなものばかり。これには子どもたちもたじたじ。

©UNICEF Video

──この間はいつもより家に帰るのが遅かったよね?

「うん」

©UNICEF Video

──このあいだのバスケットボールの試合について聞きたいんだけど、あまり得点をあげられなかったそうだね。

「そうだけど……なんで知ってるの?」

©UNICEF Video

——この写真でわかるように、あなたずいぶん身体を鍛えていますね?

「まぁ……」

——このスタイルでよく女の子と遊んでいるのですか?

「えぇ……ええと……。バレましたか……(苦笑)」

©UNICEF Video

──最近、元気がないんだって?

「 う〜ん正直に言うと、元気な時も、そうじゃない時もあるかな」

©UNICEF Video

——歌を歌ったり、ヴァイオリンやフルートの演奏もされるそうですね。今ここで何か歌ってくれますか?

「え〜、イヤだ恥ずかしいし……」

隠しきれない戸惑い

©UNICEF Video

「これ、何なんですか?どこからそんな話聞いたの?」

©UNICEF Video

「なんでそんなに僕のこと知ってるの?おかしいよ……」

©UNICEF Video

「なんだか気味が悪いよ」

©UNICEF Video
©UNICEF Video
©UNICEF Video

苦笑いして「もう出て行っていい?」と口にしたり、黙って首を横に振ることしかできなくなったり、両手で顔を覆ったり。

見知らぬ他人が自分のことを不気味なほど知っている様子に心がかき乱されていくのが生々しく伝わってきます。しかし……。

それはすべて、
自分でSNS投稿したもの

実は仕掛け人らが口にしたのは、Twitterや Instagram、YouTube、facebook、SnapchatなどのSNSで子どもたちが公開していた内容だったのです。ほぼすべて「自分で」アップしたもの。記者を装った仕掛け人たちよりもずっと多くの、全世界の人間に自分のプライベートを見聞きされている。

その気になれば、こんなストーカーまがいなことだって容易にできてしまう。なんとなくわかってはいても、実際にこうして生身の人間にそれを突きつけられると……やっぱり怖くなってきませんか?

個人情報の公開範囲はきちんとコントロールするように。そんな呼びかけで動画は締めくくられています。危機感が薄いのは、みな同じかもしれません。自身の投稿を振り返ろう、そんな衝動を覚えたのは私だけではないはずです。

Top image: © UNICEF Video
Reference: UNICEF
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
Twitter、Facebook、Instagram、どのSNSにも溢れている食べ物の写真。プロアマの垣根を越えて、およそ100万もの「グルメフォト」が毎...
ユニセフから今月3日に発表された「レポートカード」シリーズの最新報告書で、日本の子どもの幸福度の総合順位は、38か国中20位だった。
あなたのお子さんは、純粋に遊んでいるように見えて実は想像以上に大人かもしれません。小さいながらも、発展途上国にいて食べ物がなくて苦しむ同じ子どもたちを助け...
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
2021年に活動休止を控えた「嵐」のドキュメンタリー番組が「Netflix」で独占配信される。活動休止を控えた嵐の向かう先、そして彼らの思いとは......。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
「YouTube」が2020 年の「国内トップトレンド動画ランキング」(音楽を除く)を発表。
デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言い...
アメリカの「Ben & Jerry's」からワンコ用のアイスが登場!
伝説的音楽プロデューサーであるクインシー・ジョーンズが監修を務める動画配信サービス「Qwest TV」が日本でのサービスを開始。貴重な映像をライナーノーツ...
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。NIKE、のがちゃんねる、ブスの美ボディメイクのYouTubeアカウントから配信されている無料...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
ナイジェリアなどと国境を接するチャド共和国の「WenakLabs」という団体が作り出したのは、コンピューター。制作するにあたって、彼らは捨てられたモノから...
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
モンゴルの伝統技法で生産された天然ウール100%のあったか「ルームシューズ」が発売中。
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
「YouTube」の記念すべき初動画がアップロードされたのは、今から15年前となる2005年4月23日。「動物園にいる僕」と題された、わずか18秒のこの動...
2015年7月、突如メディアに投稿された1本の動画に世界中が目を疑いました。イスラム国(IS)による人質殺害の様子が収められた映像。それが、なんと映画スタ...
11月12日、「YouTube」が2020年の「YouTube Rewind」の公開を中止すると発表した。これはその1年で話題となった動画を中心に構成され...
聴覚に障害のある人たちに、ある質問をした「Cut」のインタビュー動画がいま注目を集めています。彼らにとって、それはとてもデリケートな問いかけ。「今までされ...
TABI LABOのYouTubeチャンネルで楽しめるコンテンツを紹介。登録しなきゃもったいない!
ここで紹介するのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのプロジェクト「動物たちにやさしい世界を」の一環で制作された映像。命ある動物が“モノ”として扱われ...