「ルイ・ヴィトン」×「ユニセフ」の新作はテディベア

「ルイ・ヴィトン」「ユニセフ」のパートナーシップによる新作は「Doudou Louis(ドゥドゥ・ルイ)」と名付けられたテディベア

“doudou”とは、フランス語で「触れると安心するもの」を指しており、ルイ・ヴィトンからの愛が詰め込まれている。

まずは、大人も子どもも抱きしめたくなるような、その見た目に注目。パステル調のレインボーカラーや、ヴィトンならではのLVパターン、目元を彩るモノグラム・フラワーの刺繍に包まれている。

さらに、環境面人道面への愛もたっぷり。

環境面では、素材となるテキスタイル(生地)に、自然にも生産者にも配慮したオーガニックコットンを使用。

パッケージについても、 40%をリサイクル繊維が占める「FSC(森林管理協議会)」の森林認証紙と、折り畳めるギフトボックスを採用し、輸送の効率化と軽減にも取組んでいる。

© Louis Vuitton

そして人道面では、ドゥドゥ・ルイが1つ購入されるごとに、200ドル(約21,000円)を寄付するカタチで「ユニセフ」への資金提供を実施。これまでに、このパートナーシップを通じてユニセフに寄付された総額は、1,300万ドル(約13億6500万円)にも上るという。

ユニセフでは、過酷な状況にある子どもたちを、水や衛生、栄養、教育、保健サービスの提供や、保護活動を通して支援。今年はここに、新型コロナウイルスへの緊急対策も含まれている。

ドゥドゥ・ルイは、ルイ・ヴィトン 公式サイトおよび世界各国のルイ・ヴィトン ストアで展開されているが、現在、オンラインでは売り切れ中で、在庫があるストアもわずか。お求めはお早めに!

Top image: © Louis Vuitton
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
今年1月「ルイ・ヴィトン」からデビューした新作は、美しくラグジュアリーでありつつも、メゾンの創作物に対する姿勢が伝わってくる。
「wearable miniature cityscapes(身に付けられる小さな街並み)」と題して、「ルイ・ヴィトン」アーティスティック・ディレクターの...
ヴァージル・アブローがメンズラインのディレクターを務める「Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)」が、9月2日、Z世代の必須プラットフォーム「Tik...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
「ルイ・ヴィトン」のメンズラインのクリエイティブディレクターであるヴァージル・アブローと、「メルセデス・ベンツ」のチーフクリエイティブディレクターであるゴ...
「ルイ・ヴィトン」のアンバサダーにこの人が就任!

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...