ルイ・ヴィトンが「未来感溢れるバッグ」をお披露目

「売れない」だとか「使えない」だとか、スマートウォッチが世に出回り始めた時にはたくさんのネガティブコメントがありました。数年経った今は種類が豊富になり、当たり前のように身につけられています。

すぐに受け入れられはしないけど、いずれは多くの人が持つんだろうな。そう思ったのがルイ・ヴィトンによるLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」です。

バッグには好みの写真や動画を表示させることができます。タッチ対応もしているそうなので、スマホの延長線上のような立ち位置でしょうか。かえって安っぽくなってしまうんですが、簡単に表現すれば、スマートバック。

もちろんアイデアとしては決して新しくないのだけど、ルイ・ヴィトンが発表したってところに意味があるんでしょうね。

Top image: © Royole Corporation
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「ルイ・ヴィトン」と「ユニセフ」のパートナーシップによる新作は「Doudou Louis teddy bear(ドゥドゥ・ルイ・テディベア)」。ドゥドゥ・...
「ルイ・ヴィトン」のメンズラインのクリエイティブディレクターであるヴァージル・アブローと、「メルセデス・ベンツ」のチーフクリエイティブディレクターであるゴ...
今年1月「ルイ・ヴィトン」からデビューした新作は、美しくラグジュアリーでありつつも、メゾンの創作物に対する姿勢が伝わってくる。
昨年9月にPC用人気対戦型ゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」とパートナーシップを締結して世界を驚かせた「ルイ・ヴィトン」がコラボコレクションを発表!
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
「ルイ・ヴィトン」のアンバサダーにこの人が就任!
「wearable miniature cityscapes(身に付けられる小さな街並み)」と題して、「ルイ・ヴィトン」アーティスティック・ディレクターの...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。