「ルイ・ヴィトン」の「街並みジャケット」に込められた深い意味とは……?

先月発表されるやいなや、またたく間に全世界から注目を集めた「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」の2021秋冬メンズ・コレクション。

その理由は、なんといってもこのジャケットだ。

© Louis Vuitton Ludwig Bonnet
© Louis Vuitton Ludwig Bonnet

「wearable miniature cityscapes(身に付けられる小さな街並み)」と題して、アーティスティック・ディレクターのVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)氏が考案。

1枚目の「Paris Skyline Puffer」は、「ルーブル美術館」「凱旋門」「ノートルダム大聖堂」「エッフェル塔」など、ヴィトンが本店を置くフランスを代表する建造物が並ぶ。

2枚目の「New York City Skyline Puffer」は、アブロー氏の故郷・シカゴの「ジョン・ハンコック・センター」など、ニューヨークやほかの都市の高層ビルをモチーフにしている。

ちなみに“Puffer”とは魚の“フグ”を表す英単語。ファッション業界では、中綿などで空気をたっぷり含ませたジャケットを指している。

それにしても、膨らませすぎではないだろうか……。モデルを務めた2人も思わず笑ってしまっている。

© designboom/Pinterest

外見上は奇抜なファッションだが、アブロー氏の狙いはより深いところに。

「社会規範のなかで形成された無意識のバイアス(偏見)を、ファッションを通して変えていく試みをおこなっています。人種やジェンダー、性別などを超えて、すべての子どもたちが自由な夢を持つことへの人道的なメッセージが込められています」

いつの間にか凝り固まっている“当たり前”を打ち破るパワフルさを、ファッション、詩、ダンス、音楽を融合させた今回のファッションショーで、存分に見ることができる。

街並みジャケットを纏ったウォーキングを見たい方は、6分30秒11分10秒あたりをチェックしてみて。

© Louis Vuitton/YouTube
Top image: © Louis Vuitton Ludwig Bonnet
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事