「ルイ・ヴィトン」のデザイナーが「メルセデス・ベンツ」をプロデュース

「ルイ・ヴィトン」のメンズラインのクリエイティブディレクターであるヴァージル・アブローと、「メルセデス・ベンツ」のチーフクリエイティブディレクターであるゴードン・ワグナーが共同製作した「Project Geländewagen」が公開された。

ゴードンによると、本作のテーマは「未来のラグジュアリーの解釈と美しさと非凡への欲求」

デザイナー2人は、どうしたらメルセデス・ベンツを新鮮なデザインにしながら、ラグジュアリーをより自然で“完璧すぎない”ものに表現できるかを考えたとか。

外観は、G-Class独特のシルエットを強調するためシンプルに。

塗装の一部はわざとやすりで削られ、溶接部分は“完璧すぎない”のが美しいクラフトマンシップの象徴として、あえて魅せるデザインになっているという。

内装には、クラシックカーを彷彿とさせるアナログ表示が採用されているかと思えば、ハンドルとシートはまるでF1マシンのような出で立ちに。

全体的にグレーで統一されシンプルな雰囲気のなか、コントラストとして水色の安全フレームや赤色のシートベルトを配することで、新しいカラーバランスを目指したという。

なお、今後、同製品のレプリカのオークションがおこなわれ、売上金はすべてクリエイティブコミュニティに還元される。

©Mercedes-Benz
©Mercedes-Benz
©Mercedes-Benz
Top image: © Mercedes-Benz
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事