メルセデス・ベンツと世界的アーティストがコラボした「痛トラ」

ポーランド観光でワルシャワからクラクフやムスカウ、アウシュビッツに向かう道中、車窓にギラギラにペイントされたトラックが疾走していく。可能性がないわけじゃない、もしかしたら、運が良ければ。

ポーランド版「痛トラ」

どぎついペイント塗装と電飾でトラックの外装を飾る「デコトラ」と、アニメやゲームに登場するキャラクターのイラストでラッピングした「痛車(いたしゃ)」のちょうど真ん中。そんなトラックがポーランドに登場。

メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek Morawskiとのコラボ企画で誕生しました。

未来・宇宙をテーマに

©Grandes Kochonos Digital

メルセデス・ベンツの大型トラック「アクトロス」にアートを施したのは、

イラストレーター、グラフィックデザイナーとして活躍するAlekは、これまでにもNIKEやBrowar Kingpin(ポーランドのビール会社)、Nasza Księgarnia(出版社)など、世界的企業をクライアントに持ち、コラボ作品を提供してきた人物。

今回の題材は、大型トラック「アクトロス」、テーマは宇宙と未来だそうです。

©Grandes Kochonos Digital
©Grandes Kochonos Digital
©Grandes Kochonos Digital
©Grandes Kochonos Digital

いよいよお披露目。

闇の中でメルセデスのスリーポインテッド・スターが浮かび上がります。

©Grandes Kochonos Digital
©Grandes Kochonos Digital
©Grandes Kochonos Digital

恐竜?宇宙船?SFの世界観をまとったトラックが闇夜を疾走します。日本人にとっては見慣れた光景も、きっとポーランドの人たちにしてみたら新鮮に映ったことでしょうね。

どんなトラック野郎がハンドルを握るのかなぁ。制作の様子は動画でどーぞ。

© Grandes Kochonos Digital

Client: Mercedes-Benz Trucks Poland
Agency: Grandes Kochonos Digital
Director: Mateusz Reiss
Art Director: Mateusz Reiss
Illustrator: Lis Kula (Alek Morawski)
Photos: Lis Kula (Alek Morawski)
DP: Mariusz Sieńko
Account Manager: Krzysztof Żukowski

Top image: © Grandes Kochonos Digital
メルセデス・ベンツのスプリンターに快適な空間がプラスオンされました。製造したのはアメリカのLeisure Travel Vans社。
〈メルセデス・ベンツ〉のロゴ入り〈Hydro Flask(ハイドロフラスク)〉のボトル。いずれもアクティブシーンで活躍する機能性がウリのブランドだけに、相...
ポーランド有数の観光スポット、ヴィエリチカ岩塩坑。世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れるこの場所には、坑夫が採掘道具で彫ったという多数の塩の...
車のスピードは車自体の性能に左右されるのか、それともドライバーの腕によって変わるのか。この疑問を解消すべく、実際にレースをして検証を行った男たちがいました。
色使いや絵のタッチなど、日本のソレとは大きく異なる東欧のポスター。ポーランドの首都ワルシャワには、世界初のポスターの博物館「Muzeum Plakatu ...
WEBサイトは存在しない、情報は不定期でポストされるFacebookページのみ、70年代の少しスモークがかった白いメルセデス・ベンツのバンは突如ベルリンの...
ポーランドの西ポモージェ県にある「Krzywy Las(英語名:Crooked Forest)」。直訳すると「歪んだ森」。その名のとおり、そこに生える木々...
毎年、ポーランドのクラクフで行われるドーナツの早食い競争。用意されるのは、伝統的なドーナツ「ポンチキ」。今年の2月末に開催した大会で優勝者は5分間に8個の...
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
ポーランドの古都クラクフの地下にあるのは、街の歴史を紹介する「クラクフ地下博物館」。世界遺産の旧市街「クラクフ歴史地区」の中央市場広場の地下4メートルのと...
日本には2017年に初上陸したチョコレート専門店「KARMELLO Chocolatier(カルメロ ショコラティエ)」。2010年の創業以来、地元ポーラ...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
東西ヨーロッパの懸け橋となった、ポーランドの朝ごはんをどうぞ。
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
「Neon Muzeum」は、その時々の時代を反映したネオンサインが集まるミュージアム。混迷の時代のプロパガンダや戦後のポーランド繁栄を感じられるものなど...
ポーランドの人にとって石炭は切っても切れない存在。南部の工業都市カトヴィツェにある役目を終えた炭鉱は、今、音楽フェスなどを開催するイベントスペースとして活...
絵画のような一枚一枚に、ミステリアスを感じざるを得ない。
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
北部ポモージェ県にある「逆さまハウス」。見るからに上下逆さまになっているその外観はインパクト大。中に設置されている家具は、共産主義時代のもので揃えられてい...