「舐められる世界遺産」
があるポーランド

日本人にあまり馴染みがない国、ポーランド。でも、まだ皆さんに紹介していないユニークなスポットがあります。それが、クラクフの郊外にあるヴィエリチカ岩塩坑。

ここは、長い間、同国の重要な収入源の一部となっていた岩塩を採掘していた世界最古の岩塩坑。そして世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れています。

で、何がそんなにユニークなのかというと。地下に広がる壮大な空間には、採掘現場を再現した展示などの他、なぜか塩の彫像を様々な場所で見ることができるんです。

岩塩坑に多数の塩の彫像がある理由……それは、坑夫たちが仕事の合間に採掘道具を使い、自分たちで岩塩を彫ったからといわれています。歴史や神話に登場する人物やシーンをモチーフに造られたものが多く、日本人にも馴染みがある、マリア像や『最後の晩餐』の絵画をモチーフにしたものも。

また、岩塩坑内には湧き水が流れていたり塩でできた壁があります。これ、舐めることもできるんです!世界遺産を舐めるなんて、なんだか信じがたいけれど試してみたい。ちょっと妖しい気持ちにさせる観光スポットが存在するのもポーランドです。

Top image: © Beautiful landscape / Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ポーランドの古都クラクフの地下にあるのは、街の歴史を紹介する「クラクフ地下博物館」。世界遺産の旧市街「クラクフ歴史地区」の中央市場広場の地下4メートルのと...
毎年、ポーランドのクラクフで行われるドーナツの早食い競争。用意されるのは、伝統的なドーナツ「ポンチキ」。今年の2月末に開催した大会で優勝者は5分間に8個の...
ポーランドの西ポモージェ県にある「Krzywy Las(英語名:Crooked Forest)」。直訳すると「歪んだ森」。その名のとおり、そこに生える木々...
北部ポモージェ県にある「逆さまハウス」。見るからに上下逆さまになっているその外観はインパクト大。中に設置されている家具は、共産主義時代のもので揃えられてい...
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
ポーランドの人にとって石炭は切っても切れない存在。南部の工業都市カトヴィツェにある役目を終えた炭鉱は、今、音楽フェスなどを開催するイベントスペースとして活...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。