「舐められる世界遺産」
があるポーランド

日本人にあまり馴染みがない国、ポーランド。でも、まだ皆さんに紹介していないユニークなスポットがあります。それが、クラクフの郊外にあるヴィエリチカ岩塩坑。

ここは、長い間、同国の重要な収入源の一部となっていた岩塩を採掘していた世界最古の岩塩坑。そして世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れています。

で、何がそんなにユニークなのかというと。地下に広がる壮大な空間には、採掘現場を再現した展示などの他、なぜか塩の彫像を様々な場所で見ることができるんです。

岩塩坑に多数の塩の彫像がある理由……それは、坑夫たちが仕事の合間に採掘道具を使い、自分たちで岩塩を彫ったからといわれています。歴史や神話に登場する人物やシーンをモチーフに造られたものが多く、日本人にも馴染みがある、マリア像や『最後の晩餐』の絵画をモチーフにしたものも。

また、岩塩坑内には湧き水が流れていたり塩でできた壁があります。これ、舐めることもできるんです!世界遺産を舐めるなんて、なんだか信じがたいけれど試してみたい。ちょっと妖しい気持ちにさせる観光スポットが存在するのもポーランドです。

Top image: © Beautiful landscape / Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ポーランドの古都クラクフの地下にあるのは、街の歴史を紹介する「クラクフ地下博物館」。世界遺産の旧市街「クラクフ歴史地区」の中央市場広場の地下4メートルのと...
毎年、ポーランドのクラクフで行われるドーナツの早食い競争。用意されるのは、伝統的なドーナツ「ポンチキ」。今年の2月末に開催した大会で優勝者は5分間に8個の...
ポーランドの西ポモージェ県にある「Krzywy Las(英語名:Crooked Forest)」。直訳すると「歪んだ森」。その名のとおり、そこに生える木々...
北部ポモージェ県にある「逆さまハウス」。見るからに上下逆さまになっているその外観はインパクト大。中に設置されている家具は、共産主義時代のもので揃えられてい...
ポーランドの人にとって石炭は切っても切れない存在。南部の工業都市カトヴィツェにある役目を終えた炭鉱は、今、音楽フェスなどを開催するイベントスペースとして活...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
日本には2017年に初上陸したチョコレート専門店「KARMELLO Chocolatier(カルメロ ショコラティエ)」。2010年の創業以来、地元ポーラ...
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
色使いや絵のタッチなど、日本のソレとは大きく異なる東欧のポスター。ポーランドの首都ワルシャワには、世界初のポスターの博物館「Muzeum Plakatu ...
「Neon Muzeum」は、その時々の時代を反映したネオンサインが集まるミュージアム。混迷の時代のプロパガンダや戦後のポーランド繁栄を感じられるものなど...
東西ヨーロッパの懸け橋となった、ポーランドの朝ごはんをどうぞ。
ポーランド南部の街、クラクフ。ここは同国で最も歴史がある場所。17世紀初頭、ワルシャワに遷都するまで首都だったという歴史を持つ。赤レンガを基調とした古い街...
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
野菜などのパッケージでありながら、そのまま食べることもできる「SCOBY」。口にしても害がないだけなので、オススメはされていませんが……。とにもかくにも、...
絵画のような一枚一枚に、ミステリアスを感じざるを得ない。
ポーランドの「Śnieżny Labirynt」は、世界最大の雪の迷路だと言われています。壁の高さは2m以上もあるようなので、ゴールにたどり着くまでに時間...
様々な国で「ミニマリズム」を語り、その概念を広める活動をしている「Becoming Minimalist」のJoshua Beckerさん。これまでに多く...
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...