ネオンを集めたミュージアムで
リアルな都市の変遷がわかるポーランド

過去、政治の混迷が続いたポーランド。そのため、ひと昔前まで、あまり安全なイメージをもてなかった人も少なくないのでは?

そんな人が首都ワルシャワの“ネオン街”と聞いたら、なんとなく治安の悪さをイメージするかもしれません。

でも、それを払拭する“ネオン街”があるんです。その名も「Neon Muzeum(ネオンミュージアム)」。名前から察したかもしれませんが、ここは、どこかの地区を指しているのではなく、ネオンサインを集めたミュージアム。

館内にあるのは、ポーランドの歴史を垣間見ることができるネオンサインばかり。混迷の時代のプロパガンダや戦後のポーランド繁栄を感じられるものなど時代性に富んでいます。数百ものカラフルな光に照らされる中を歩くことになり、まるでネオン街に迷いこんだようです。

Top image: © 2019 The Neon Muzeum
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
毎年、ポーランドのクラクフで行われるドーナツの早食い競争。用意されるのは、伝統的なドーナツ「ポンチキ」。今年の2月末に開催した大会で優勝者は5分間に8個の...
ポーランドの西ポモージェ県にある「Krzywy Las(英語名:Crooked Forest)」。直訳すると「歪んだ森」。その名のとおり、そこに生える木々...
北部ポモージェ県にある「逆さまハウス」。見るからに上下逆さまになっているその外観はインパクト大。中に設置されている家具は、共産主義時代のもので揃えられてい...
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。