元炭鉱で音楽フェス!
産業遺産と共生するポーランド

“石炭大国”ともいわれるポーランド。80%を超える電力が石炭発電で賄われていて、他の欧州諸国と比較してもその依存度はとても高いもの。ポーランドの人にとって石炭は切っても切れない存在です。生産量もヨーロッパNo.1で、これまで国内に多くの炭鉱を擁してきました。

その中には、炭鉱としての役目を終えたところも……あります。例えば、南部にある工業都市カトヴィツェにあった炭鉱。ここは現在、Culture Zoneという文化の発信地となっていて、音楽フェス「Tauron Nowa Muzyka Katowice」の開催地になっているんです。

多くの音楽ファンが集まり、年に一度の大イベントを楽しんでいるのです。開催地までの道中には、炭鉱として活躍した当時、垂直にトンネルを掘り採炭・採鉱する立坑だった名残りの40メートルもの塔があり、フェスへの高揚感を高めてくれます。

産業遺産を放置せず、現代でも活用できるスペースに昇華させて共生し続けるポーランドのスマートさを垣間見れるイベントです。

Top image: © iStock.com/egon69
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
毎年、ポーランドのクラクフで行われるドーナツの早食い競争。用意されるのは、伝統的なドーナツ「ポンチキ」。今年の2月末に開催した大会で優勝者は5分間に8個の...
ポーランドの西ポモージェ県にある「Krzywy Las(英語名:Crooked Forest)」。直訳すると「歪んだ森」。その名のとおり、そこに生える木々...
北部ポモージェ県にある「逆さまハウス」。見るからに上下逆さまになっているその外観はインパクト大。中に設置されている家具は、共産主義時代のもので揃えられてい...
ポーランド有数の観光スポット、ヴィエリチカ岩塩坑。世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れるこの場所には、坑夫が採掘道具で彫ったという多数の塩の...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...