ランチなしのぶっ続け勤務に耐える、ポーランドの朝ごはん。

朝ごはんを通して世界を知ることができる、東京・外苑前の「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」。

その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒントが詰まった料理が楽しめます。2月と3月は、「ポーランド」の家庭料理を味わえるチャンスです!

東西ヨーロッパの懸け橋になっている
ポーランドの朝ごはん

ヨーロッパの中央に位置するポーランドは、地理的にも文化的にも東西ヨーロッパの懸け橋になっている国。その料理は周辺のロシアやイタリア、フランスは言うまでもなく、エキゾチックなモンゴル、アルメニア、リトアニア、コサック、ハンガリー、ユダヤ料理からの影響を受けています。

ポーランドでは、昼休み無しの8時間勤務が一般的。朝ごはんは家で食べて、午前中にもう一度持参したサンドイッチなどを食べます。そして、夕方に帰宅してから1日のメインである昼ごはんを家族一緒に食べるのが一般的。夜ごはんは20時ごろに簡単に済ませ、1日4回という食事のリズムなのだそう。

朝ごはんの定番は、じゃがいもと小麦粉で作るパンケーキのような「プラツキ」。ワールド・ブレックファスト・オールデイでは、期間中プラツキのほか、ライ麦粉とハーブ類をぬるま湯に混ぜて4、5日発酵させた液状のżur(ジュル)をベースにした酸味のあるポーランドの伝統的なスープや、見た目は日本の餃子を大きくしたようなポーランドの伝統料理「ピエロギ」なども楽しめるそう。

詳しく知りたい人は、HPをチェックしてみて。

開催概要

■店名
WORLD BREAKFAST ALLDAY

■期間(ポーランドの朝ごはん)
2018年4月1日(日)まで

■住所
東京都渋谷区神宮前3-1-23-1F
Google Map

■電話
03-3401-0815

■営業時間
7:30 - 20:00(ラストオーダー19:30)

■予約
コチラから

Licensed material used with permission by WORLD BREAKFAST ALLDAY

関連する記事

外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
毎年、ポーランドのクラクフで行われるドーナツの早食い競争。用意されるのは、伝統的なドーナツ「ポンチキ」。今年の2月末に開催した大会で優勝者は5分間に8個の...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
ポーランドの西ポモージェ県にある「Krzywy Las(英語名:Crooked Forest)」。直訳すると「歪んだ森」。その名のとおり、そこに生える木々...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
ポーランド有数の観光スポット、ヴィエリチカ岩塩坑。世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れるこの場所には、坑夫が採掘道具で彫ったという多数の塩の...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
最高級羽毛「アイダーダウン」を生態模倣した人工羽毛「AirFlake」を中綿素材に使用。マミー型と封筒型の両方のメリットを活かした「ブーツ型」の寝袋「レリ...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...