いつも以上に「おつまみしてる」水餃子

ポーランドの餃子「ピエロギ」を知っていますか?日本でも水餃子は人気ですが、やっぱり「焼き」が人気。一方、アチラは「茹で」が一般的なんですって。

具材も種類が豊富でトッピングもさまざま。さらに、食べるときサワークリームをつけるのが定番だそうです。

唯一、共通していることと言ったら、ペアリングにビールを選ぶ人が多いこと。やっぱり、餃子にはビール!そんなピエロギに今夜はチャレンジしてみませんか。

ポーランドの餃子
「ピエロギ」

© 2018 FCF

材料

<ピエロギ>
豚ひき肉:100g
塩:小さじ1/6
マッシュルーム:3個(みじん切り)
ピクルス:15g(みじん切り)
こしょう:適量
餃子の皮:7枚(大判)

<ソース>
玉ねぎ:1/4個(みじん切り)
オリーブオイル:大さじ1
バター:10g
塩、こしょう:適量
サワークリーム:適量

作り方

【1】ボウルに豚ひき肉と塩を入れて粘りがでるまでこねたら、マッシュルーム、ピクルス、こしょうを加えて混ぜて餃子の皮で包む。

【2】1を茹でてザルにあげる。

【3】フライパンにオリーブオイル、玉ねぎを入れて中火で熱し、きつね色になるまで炒めたらバターを加え、塩、で味を調える。

【4】器に2を盛り、3をかけてサワークリームをトッピングして出来上がり。

Top Photo by ©2018 FCF
Licensed material used with permission by FCF
海と山と大地のエキスを包み込んだ、中国・青島の「水餃子」について。
フードスタイリストのToshihiro Uekiさん。フォロワー数12万人を越えるUekiさんのInstagramで大人気なのが「餃子」。フツーのようでい...
全国の逸品餃子を月替りでお届けする月額サービス「お取り寄せ餃子 頒布会」が始動!餃子を愛する人にはたまらない特典も……。
東西ヨーロッパの懸け橋となった、ポーランドの朝ごはんをどうぞ。
フランス生まれのウルトラモバイル火おこしギア「SuncaseGear」。太陽光をエネルギーに素早く着火。ゴミを出さず、環境にも優しい。
餃子といったら「焼き餃子」や「水餃子」、「揚げ餃子」なんて選択肢も。これら基本的にはしょう油ベースのタレをつけて食べるのが一般的。ですが東欧では、ひき肉を...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
お店で食べるパリパリの羽根つき餃子。自宅で挑戦しようと思ったけどベチャついてしまった、焦げてしまった……そんな経験ありませんか。羽根つき餃子と言えば片栗粉...
ポーランドの西ポモージェ県にある「Krzywy Las(英語名:Crooked Forest)」。直訳すると「歪んだ森」。その名のとおり、そこに生える木々...
インターネットの発展の裏側には、実は社会の格差が生まれていた。この記事では、デジタルディバイドの意味や種類について解説しながら、デジタルディバイドによって...
ポーランド有数の観光スポット、ヴィエリチカ岩塩坑。世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れるこの場所には、坑夫が採掘道具で彫ったという多数の塩の...
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
毎年、ポーランドのクラクフで行われるドーナツの早食い競争。用意されるのは、伝統的なドーナツ「ポンチキ」。今年の2月末に開催した大会で優勝者は5分間に8個の...
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
「ナイキ」の「ジョーダン」ブランドより、八村塁のシグネチャーモデルが登場。彼のルーツである日本とペナンを左右異なるデザインで表現した新たなシューズだ。
「ケンタッキーフライドチキン」(以下KFC)が、ロシアでバイオプリンティング事業を展開する「3D Bioprinting Solutions」と協力し、3...
日本には2017年に初上陸したチョコレート専門店「KARMELLO Chocolatier(カルメロ ショコラティエ)」。2010年の創業以来、地元ポーラ...
「Neon Muzeum」は、その時々の時代を反映したネオンサインが集まるミュージアム。混迷の時代のプロパガンダや戦後のポーランド繁栄を感じられるものなど...
シーズン問わず、コスパのいいおかず「塩サバ」ですが、いつも焼くだけではワンパターン。そこで、こんなおつまみはいかがでしょう。
ポーランドの人にとって石炭は切っても切れない存在。南部の工業都市カトヴィツェにある役目を終えた炭鉱は、今、音楽フェスなどを開催するイベントスペースとして活...
「あなたの国を代表する料理は?」こうポーランド人にたずねたら、ほとんどの人が口を揃えてこの料理をあげるんだとか。それが「ビゴス」(別名:狩人のシチュー)で...
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...