いつも以上に「おつまみしてる」水餃子

ポーランドの餃子「ピエロギ」を知っていますか?日本でも水餃子は人気ですが、やっぱり「焼き」が人気。一方、アチラは「茹で」が一般的なんですって。

具材も種類が豊富でトッピングもさまざま。さらに、食べるときサワークリームをつけるのが定番だそうです。

唯一、共通していることと言ったら、ペアリングにビールを選ぶ人が多いこと。やっぱり、餃子にはビール!そんなピエロギに今夜はチャレンジしてみませんか。

ポーランドの餃子
「ピエロギ」

5680860833513472
© 2018 FCF

材料

<ピエロギ>
豚ひき肉:100g
塩:小さじ1/6
マッシュルーム:3個(みじん切り)
ピクルス:15g(みじん切り)
こしょう:適量
餃子の皮:7枚(大判)

<ソース>
玉ねぎ:1/4個(みじん切り)
オリーブオイル:大さじ1
バター:10g
塩、こしょう:適量
サワークリーム:適量

作り方

【1】ボウルに豚ひき肉と塩を入れて粘りがでるまでこねたら、マッシュルーム、ピクルス、こしょうを加えて混ぜて餃子の皮で包む。

【2】1を茹でてザルにあげる。

【3】フライパンにオリーブオイル、玉ねぎを入れて中火で熱し、きつね色になるまで炒めたらバターを加え、塩、で味を調える。

【4】器に2を盛り、3をかけてサワークリームをトッピングして出来上がり。

Top Photo by ©2018 FCF
Licensed material used with permission by FCF
海と山と大地のエキスを包み込んだ、中国・青島の「水餃子」について。
東西ヨーロッパの懸け橋となった、ポーランドの朝ごはんをどうぞ。
餃子といったら「焼き餃子」や「水餃子」、「揚げ餃子」なんて選択肢も。これら基本的にはしょう油ベースのタレをつけて食べるのが一般的。ですが東欧では、ひき肉を...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
「あたし、今どう見えてる?くすんでない?」東京に出てきたのは、「東京にいる自分」になりたかったから?地元に帰らないのは、「地元に帰った自分」になりたくないから?
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
お店で食べるパリパリの羽根つき餃子。自宅で挑戦しようと思ったけどベチャついてしまった、焦げてしまった……そんな経験ありませんか。羽根つき餃子と言えば片栗粉...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
「あなたの国を代表する料理は?」こうポーランド人にたずねたら、ほとんどの人が口を揃えてこの料理をあげるんだとか。それが「ビゴス」(別名:狩人のシチュー)で...
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
北アフリカ・チュニジアの代表的な料理に「ブリック」というものがあります。これは、好みの具材を小麦粉の皮で包み、パリパリに揚げた大きな揚げ餃子のようなもの。...
春を迎えてお花見や、送別会、歓迎会が増える季節となりました。こんなシーンで活躍する「乾きものおつまみ」ですが、どうしても余りがち。そんな乾きものを天ぷらと...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
お酒だけで済めばいいんだけど、どうしても手が伸びてしまうのがそう、おつまみ。だって、これなしでってワケにもいきませんからね。おいしく、楽しく飲むためにも、...
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
絵画のような一枚一枚に、ミステリアスを感じざるを得ない。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第8回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
お酒、おつまみ、寒さ対策、お花見の準備できてます?
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
様々な国で「ミニマリズム」を語り、その概念を広める活動をしている「Becoming Minimalist」のJoshua Beckerさん。これまでに多く...