水を極力使わずに、食材の水分だけで料理可能!「無水調理鍋」って知ってる?

素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。

ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしまったが最後ーー。もうコレなしでは生きていけない!なんて人もいるニクいやつなんです。ここではその理由を改めて紹介したいと思います。

01.
旨味をギュッと凝縮!

シチューやカレーも短時間で!

一言で説明すると、水を極力使わずに、食材の水分だけで料理できる鍋。具材が煮崩れしにくく、仕上りはふっくら。見た目だけでなく食感の違いも明らかに違います。

料理時間を短縮した上で、素材の旨味を濃縮できるため、まるで魔法の鍋。鋳物ホーロー鍋やアルミニウム合金、ステンレスの多層構造など、種類は様々あります。

無水調理をするときは、中火で5分ほど鍋を温めた後、焦がさない程度の弱火にするのがポイント。湯気が少し出るくらいが目安です。ただし、万が一調理中に水分が飛んでしまうと、空焚き状態になるため、火加減には注意しましょう。うまく弱火で調理することで、野菜の甘味を最大限引き出せます。

02.
ビタミンCの損失を
「3分の1」に留める

さらに、味だけではありません。水に溶けやすい栄養素を逃さず、効率よく摂取できます。

なかでも、ビタミンCは抗酸化作用によって肌の老化を防いだり、コラーゲンの生成を促し肌に弾力やハリを与えたりするなど美容効果が期待できる栄養素。しかし、水に溶けやすく熱に弱いことから、茹でる、煮るなどの加熱調理では失われやすいのが難点。

でも、この調理方法なら、ほかの調理法に比べ、ビタミンCの損失を3分の1ほどに抑えられます。

03.
料理器具界の万能選手!

無水調理なべは万能選手

茹でる、煮るといった調理法のほか、ごはんを炊いたり、蒸したり、炒める、焼く、揚げることも自由自在です。

また、熱効率が良いため、弱火や余熱での調理も可能。光熱費を削減できます。デザイン性の高い鋳物ホーロー鍋なら、そのまま食卓に出せることも嬉しいポイント。

04.
「ダッチオーブン」で
アウトドアを満喫!

44132210

キャンプなどのアウトドアにも無水調理鍋はオススメ。代表的なモノとして「ダッチオーブン」があります。鋳鉄製のものが主流で、蓋にも炭が載せられるようにつくられており、野外のお供にピッタリ。無水カレーや燻製も美味しいんですよね。

もちろん室内のキッチンでも大活躍。他の無水調理鍋と同様に煮込み料理や炒め料理など万能に活躍してくれる鍋。まだ、試していないという人は、一度試してみてね。

あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
素材の持ち味を逃さず、しかも柔らかく仕上がると、いま話題の調理法に“真空調理”があります。材料に応じた時間と温度設定で真空状態にしたお肉などを加熱していく...
強い火力で、ごはんが美味しく炊ける「鍋炊きごはん」。ですが、常にガス台のそばで見張っていなければならないため、ワンタッチで予約ができる炊飯器と比べて「手軽...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
実はこれ、食品サンプルではないんです。
「やば、お鍋焦げ付かせちゃった!」なんてことにならないために、これからの料理には3本目の腕が手放せなくなりそうです。
遊牧民と聞くと、モンゴルの草原をイメージする人が多いと思いますが、中央・中東アジアに位置するアフガニスタンも大地を移動する民が暮らす土地。移動する彼らにと...
お肉がどんどん美味しくなる調理方法です。
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
レストランの入り口でよく見かける「食品サンプル」。本物みたいな出来にビックリすることも多いですが、「サンプル」なので、当然食べられません。ところが、今回ご...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
フランス料理で用いられる調理法に「Sous vide(スーヴィード)」がある。空気に触れない状態で一定の温度を保ったまま、素材に火を均一に通していくという...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
シンプルで飽きのこないデザインが魅力の琺瑯(ほうろう)。料理家のみならずスタイリストからも愛好され、セレクトショップの棚を飾るこの調理器具の本当の魅力を知...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...