もったいない! 野菜の栄養素を台無しにする「3つのNG」

もったいない! 普段何気なくやっている調理の工程のなかには、食材の大切な栄養素を失う結果になることも!? どうせ食べるなら、栄養素も無駄なく摂取したいものですよね。

01.
「じゃがいも」を切って、
ぐつぐつ茹でる

68654

茹で時間が短くなるため、やってしまいがちですが、実はもったいない調理法です。

いも類のなかでも、じゃがいもはとくに多くのビタミンCを含んでいます。しかし、ビタミンCは水に溶けやすいのです。カットしてから、茹でてしまうと、茹で汁にビタミンCが溶け出してしまいます。ちなみに、むくみ解消に効果的なカリウムも水溶性。ビタミンCとともに、茹で汁のなかへ……。

調理する時は蒸すか、皮付きで丸ごと弱火で茹でてみてください。スープなど茹で汁も一緒に食べてしまう料理の場合は、切ってから茹でてもOKですよ。

02.
「にんじん」の皮をむく

205846105

代表的な緑黄色野菜のひとつであるにんじん。免疫力アップに効果的なカロテンが豊富に含まれていますが、その場所が問題。皮の裏側あたりに多く含まれているのです。つまり、皮をむいてしまうと、カロテンも捨てていることになってしまう……。

皮をむかないとなると、農薬の付着が心配になる人もいるでしょう。一般的に、にんじんは出荷される前に、薄皮やヒゲ根が処理され、きれいに洗われているんです。この段階でも随分農薬は落ちていますが、家庭で調理する前に流水できちんと洗い落とせばOK。

それでも気になるという人は、無農薬のにんじんを選ぶか、皮はできるだけ薄〜くむくのが正解です。

03.
「レタス」を切ってから
水にさらす

201723401

シャキッとした新鮮なレタスが食べたい! そのためにレタスを包丁で切ってから水にさらしてる……なんてことありませんか?

新鮮なレタスには、ポリフェノールが多く含まれるのですが、包丁などの金物で切ってしまうとポリフェノールと鉄が反応し、切り口が酸化。切るなら手でちぎるのがオススメです! 断面が粗くなるのでドレッシングが絡みやすくなり、無駄に多くドレッシングを使うことも防げて一石二鳥。

さらにレタスをちぎった後に冷水にさらすと、ビタミンCやカリウムなどの水溶性の栄養素が落ちてしまいます。冷水にさらすときは、一枚ずつはがして10分程つけたら水分をよく切り、そこから手でちぎるようにしましょう。

普段使っている食材だからこそ、栄養素を無駄にしない調理方法を心がけ“もったいない調理”から卒業しましょう!

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チームです。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
健康を維持するためにも、栄養は効率よく摂りたいものです。しかし、当たり前のようにやっていることが、じつは食材の栄養効果を無駄にしてしまっていることも……。...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?「言われたとおり強火で一気に炒め...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。