調理

素材の持ち味を逃さず、しかも柔らかく仕上がると、いま話題の調理法に“真空調理”があります。材料に応じた時間と温度設定で真空状態にしたお肉などを加熱していく...
フランス料理で用いられる調理法に「Sous vide(スーヴィード)」がある。空気に触れない状態で一定の温度を保ったまま、素材に火を均一に通していくという...
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
フレッシュで安心して毎日食べられる自家製ヨーグルトメーカーが登場。クラウドファンディングに登場。圧倒的な支持を得て資金調達に成功しました。
もったいない! 普段何気なくやっている調理の工程のなかには、食材の大切な栄養素を失う結果になることも!? どうせ食べるなら、栄養素も無駄なく摂取したいもの...
どこの国を旅していても、必ず訪れるのが現地のスーパーです。野菜やフルーツ、お肉、魚介類はもちろん地域ごとの違いがよく分かるのですが、それよりもお菓子コーナ...
鶏肉は好きなんだけど、ぶよぶよの皮だけは苦手という人、結構いますよね。皮だけはがしちゃうとか。ならばパリパリすればどうでしょう。チキンソテーの皮をもうパリ...
アーティストDiego Cusanoは、常日頃から他人と違ったモノの見かたを心がけているんだそう。食べ物×イラストで描く、彼にしか見えない世界がユニークすぎ!
こんがりふっくら生地が焼けて、ふつふつチーズがとろけていく。石窯からもれてくるちょっぴりスモーキーな薪のにおいが、食欲をさらに増幅させる。焼きたてピザより...
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...
手ぶらで行けるスポットが続々オープンするなど、日本でも人気が定着した感のあるバーベキュー。「grubstick」で料理の幅を広げてみませんか?5つのアタッ...
細長い容器に、バターをブロックのまま豪快に投入。すると、数秒でスプレー状の“バタービーム”を放てるように!コレは、冷蔵庫から取り出したばかりの「固いバター...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
ジューシーで柔らかいレストランで食べるようなステーキを自宅で作ることができたら……。そんな願いを叶える「オイルラッピング」を紹介しましょう!使うのは「牛脂...
カメラの絞りのように、側面にあるレバーをぐぐっとスライドさせていくだけで、人数分(1人〜4人前)が量れるという設計。これは、ちょっと試してみたい!
「西洋のカトラリーに劇的な進化があったかといえば、この2世紀ほど、じつはほぼ何もないに等しい。もしかしたら、そのことが原因で食べることのよろこびが希薄にな...
「トントントン、トントントン」料理上手であろうとなかろうと、包丁がまな板にあたるあの心地いいリズムが嫌いな人はいないでしょう。あなたのまな板はどんな音がし...
キャンプ場や指定の河原、公園に行かずと気軽にBBQを楽しみたい。そんなニーズに応えるクッカーがあります。それも環境に配慮したイマドキのもの。なぜなら炭もガ...
これは、たった15分で窯の温度が500℃まで上がる「Roccbox」。小さくて持ち運べるうえ、内部の構造は本格的な石窯そのものです。木材・ガスどちらも使用...