あの「入荷3年待ちのフライパン」に新サイズが登場

“鋳物の町”として知られる愛知県碧南市にて80年以上の歴史をもつ老舗「石川鋳造」。2017年に発売した「おもいのフライパン」は、入荷が3年待ちの状態になるほど、瞬く間に大人気商品となった。

テフロンなどのフッ素樹脂コーティングやセラミックコーティングフライパンの寿命が約2年とされるなか、無塗装の鋳物でできた「おもいのフライパン」は、手入れを適切におこなえば基本的に買い替え不要といわれている。

また、鋳物の高い熱伝導率蓄熱温度はフライパンの全面に熱をよく伝え、焼きムラが発生しづらいというメリットも。とくに肉調理に向いており、多くのプロが愛用しているのだとか。

このたび、そんな「おもいのフライパン」に、要望の多かった新サイズ(24㎝・深型)が登場。深さを加えることで、焼く・蒸す・炒める・炊く・オーブンで焼く・揚げる・茹でる・煮るといった多種多様な調理を一枚で実現することができる。なかなか外出できない今、自宅でプロの味を手軽に楽しもう。

価格は1万6500円(税込)で、購入はこちらから。すでに先行予約で多くの注文があり、納期は約90日を予定しているとのこと。

©石川鋳造株式会社
©石川鋳造株式会社
Top image: © 石川鋳造株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「SAZABY」のユニセックスライン「PLUS LINE」。同ラインから2019年秋に発売され、入荷のたびに完売が続く「ROUND DAYPACK」にSm...
フランスの老舗鋳物ホーロー鍋メーカー「STAUB(ストウブ)」より「ヴィンテージフライパン」が復刻発売。
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
大阪の町工場「藤田金属」とデザイン事務所「TENT」がコラボ。“つくるとたべるをひとつにする”をコンセプトに、お皿になるフライパン「ジュウ」を発売中。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...