2000円以下で買える「ポップコーンメーカー」弾けっぷりがNICE!

ベタですけど映画鑑賞には、やっぱりポップコーンが好き。それが自宅だとしても。

ということで、ポチったのがD-STYLISTの「ポップコーンメーカー」。わざわざ専用マシン。ゆとりですね。だけど、これが想像以上にエンタメしててオモシロい!

「D-STYLIST ポップコーンメーカー」弾け方
©2020 NEW STANDARD

最初に断っておくと、このポップコーンメーカーは作って食べて盛りあがるクッキングトイの延長と考えておくと正解。もちろん、れっきとした調理器具です。熱風でポップコーン種(爆裂種)を膨らませてつくるタイプ。

上蓋にもなるメジャーカップにすりきり1杯分のコーン種を用意し、本体に入れてスイッチオン。内部でコーン種が回転しながらおよそ60秒ほどでポンポン弾けてくるんですが、そこからの勢いがスゴい。

泉のように湧いてくるポップコーンが、うまいことカバーの形状にそってお皿めがけてすっ飛んでくるんです。勢いあまってお皿の外へ、なんてこともしばしばですが、それも含めてクッキングトイっぽいっていう(笑)

「D-STYLIST ポップコーンメーカー」俯瞰
©2020 NEW STANDARD
「D-STYLIST ポップコーンメーカー」完成
©2020 NEW STANDARD

電子レンジ対応のもの、昔ながらのフライパン型アルミ皿タイプ、袋入りだってたくさん売っています。だけど、油やバターを使わずプレーンでヘルシーなポップコーンをまずはつくって、自分なりのフレーバーで味付けを楽しむなら断然こっちですね。

2000円以下って価格を考えれば、多くを求める必要もないでしょう? 勢いよすぎるあたりもエンタメのうち。そこさえ許せれば、D-STYLISTの「ポップコーンメーカー」はオススメです。

Top image: © 2020 NEW STANDARD

関連する記事

一般的なポップコーンのつくり方は、熱したフライパンに油やバターを溶かして、ポップコーン豆を弾けさせていく方法。それをもっと手軽に、さらに風味豊かなアレンジ...
料理は毎日のこと。ならば、少しでもトキメキのあるツールに囲まれて過ごしましょう! 台所に立つのがもっと楽しくなる、アイデア道具9選!
ワインソムリエ吉川大智さんに、3000円以下で買えるおすすめワインを選んでもらいました。味よし、コスパよし、おまけに料理との相性もいい。(欲張りすぎ?) ...
ここ数年で続々オープンし、いまだに行列が途絶えないというポップコーン専門店。どのお店もとっても美味しくて、人気があるのも頷けます。だけど、行列に並ぶのはち...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
25〜70℃まで1℃刻みで保温温度を細かく設定できる「Vitantonio」のヨーグルトメーカー。ポイントは牛乳パックのままつくれる手軽さ。発酵食品から低...
〈Vitantonio(ビタントニオ)〉のポップコーンメーカーは、このブランドらしいスマートなルックスで、機能面も優秀。操作は簡単だし、マッシュルームタイ...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...