「ミツロウラップ」使ってみたら、愛おしかった。

最近、ようやく「ミツロウラップ」デビューを果たしました。

環境への意識というのもなくはないんですが、どちらかといえば好奇心。料理好きの自分には食用ラップをゼロにすることはできません。ラップにはラップのメリットもありますからね。

でも、こと「保存」においてはコッチかも。

“手になじむ”を実感できる
天然のラップ

©2020 NEW STANDARD

言わずもがなですが、ミツロウ(蜜蝋)とは、ミツバチの巣から取るロウのこと。正確にはミツバチの分泌物。天然のワックスです。

このミツロウには、天然の防腐・抗菌作用があるため、食品の結露を防いだり、野菜やくだものの劣化スピードを下げてくれるんだそう。カットして半分だけつかった玉ねぎやフルーツをくるんでおけば、十分に新鮮さをキープしてくれているのがわかります。

顕著だったのはニンニク。冷蔵庫に入れても外に出していても、すぐカピカピになるニンニクですが、ミツロウで包むだけで保存期間が倍に!(体感ですが)あとはチーズもいい感じです。

©2020 NEW STANDARD

おろしたてはゴワゴワ。指先にちょっとミツロウが着いてくるような感じもあります。ボウルや小皿やフルーツを包んでも、まだ折り目はカチカチ。

それが、使って洗ってを繰り返すうちに、だんだん手触りがやわらかくなっていくもんだから、ほかの調理道具と同じように徐々に手に馴染んでいくのが実感できる。だから、使い込んでいくほどに愛着も湧いてきますよ。

©2020 NEW STANDARD

普段づかいのモノですから、主張しすぎないデザインというのも大事。そこへ行くと「APIARY MADE」の柄は悪くないと思うんですよね。

「約1年間使用できる」とおおよその使用期間をきちんと表記してくれている誠実さも、このブランドを選んだ理由。何度でも洗って繰り返し使えるのはわかる。かといって、どこまでも使い倒すんじゃなく、寿命がきたら取り換える。キッチンツールは基本消耗品ですから。

ちなみに地元オーストラリアでは、「Harrods」や「SELFRIDGES」といった英国系の高級百貨店のほか、ライフスタイルショップ、国立ギャラリーや博物館でも取り扱いがあるようです。プレゼントにも良さそうです。

Top image: © 2020 NEW STANDARD

関連する記事

料理は毎日のこと。ならば、少しでもトキメキのあるツールに囲まれて過ごしましょう! 台所に立つのがもっと楽しくなる、アイデア道具9選!
耐久性・耐熱性にすぐれた高品質シリコン製の「The Wrap」。従来のエコラップでは実現できなかった−40℃〜235℃という驚異的なレンジでの使用が可能。
キャンプやBBQの醍醐味といえる肉料理を手軽に楽しむため、必要最小限のギアに集約させ、コンパクトにまとめた、アウトドアブランド「WAQ」からリリースされた...
「扱いにくい」イメージのある銅鍋だけど、おうち時間の浸透とともに注目度が高まりつつある。銅鍋の魅力とは?メリットからお手入れ法、おすすめ鍋までご紹介!
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
「お母さんの料理は"愛"が込もっているから、そこらのレストランよりも美味しいのよ」。この愛とは、立派な食材なのか、否か。
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。