「ミツロウラップ」使ってみたら、愛おしかった。

最近、ようやく「ミツロウラップ」デビューを果たしました。

環境への意識というのもなくはないんですが、どちらかといえば好奇心。料理好きの自分には食用ラップをゼロにすることはできません。ラップにはラップのメリットもありますからね。

でも、こと「保存」においてはコッチかも。

“手になじむ”を実感できる
天然のラップ

©2020 NEW STANDARD

言わずもがなですが、ミツロウ(蜜蝋)とは、ミツバチの巣から取るロウのこと。正確にはミツバチの分泌物。天然のワックスです。

このミツロウには、天然の防腐・抗菌作用があるため、食品の結露を防いだり、野菜やくだものの劣化スピードを下げてくれるんだそう。カットして半分だけつかった玉ねぎやフルーツをくるんでおけば、十分に新鮮さをキープしてくれているのがわかります。

顕著だったのはニンニク。冷蔵庫に入れても外に出していても、すぐカピカピになるニンニクですが、ミツロウで包むだけで保存期間が倍に!(体感ですが)あとはチーズもいい感じです。

©2020 NEW STANDARD

おろしたてはゴワゴワ。指先にちょっとミツロウが着いてくるような感じもあります。ボウルや小皿やフルーツを包んでも、まだ折り目はカチカチ。

それが、使って洗ってを繰り返すうちに、だんだん手触りがやわらかくなっていくもんだから、ほかの調理道具と同じように徐々に手に馴染んでいくのが実感できる。だから、使い込んでいくほどに愛着も湧いてきますよ。

©2020 NEW STANDARD

普段づかいのモノですから、主張しすぎないデザインというのも大事。そこへ行くと「APIARY MADE」の柄は悪くないと思うんですよね。

「約1年間使用できる」とおおよその使用期間をきちんと表記してくれている誠実さも、このブランドを選んだ理由。何度でも洗って繰り返し使えるのはわかる。かといって、どこまでも使い倒すんじゃなく、寿命がきたら取り換える。キッチンツールは基本消耗品ですから。

ちなみに地元オーストラリアでは、「Harrods」や「SELFRIDGES」といった英国系の高級百貨店のほか、ライフスタイルショップ、国立ギャラリーや博物館でも取り扱いがあるようです。プレゼントにも良さそうです。

Top image: © 2020 NEW STANDARD

関連する記事

料理は毎日のこと。ならば、少しでもトキメキのあるツールに囲まれて過ごしましょう! 台所に立つのがもっと楽しくなる、アイデア道具9選!
耐久性・耐熱性にすぐれた高品質シリコン製の「The Wrap」。従来のエコラップでは実現できなかった−40℃〜235℃という驚異的なレンジでの使用が可能。
キャンプやBBQの醍醐味といえる肉料理を手軽に楽しむため、必要最小限のギアに集約させ、コンパクトにまとめた、アウトドアブランド「WAQ」からリリースされた...
「扱いにくい」イメージのある銅鍋だけど、おうち時間の浸透とともに注目度が高まりつつある。銅鍋の魅力とは?メリットからお手入れ法、おすすめ鍋までご紹介!
ミズノが昨年発売した、日本古来の履物である雪駄の形状の原型を留めながらも最新の技術によって履き心地を大きく向上させたモデル「SETTA C/6(セッタ シ...
「お母さんの料理は"愛"が込もっているから、そこらのレストランよりも美味しいのよ」。この愛とは、立派な食材なのか、否か。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
道具を一切使わず自分の体だけを使ってイスをつくりあげたNikolas Bentelさん。歯や腕など体の様々な部位だけを使ってイスをつくりました。その内容が...
昨年よりTwitterがテストをおこなっていた音声チャット機能「Spaces」が、5月4日に正式リリース。
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
何かを生み出したり、カスタムしたり、住まいをメンテナンスするその前に、揃えておきたい「便利グッズ」のご紹介!きっと、DIYが10倍はかどるはず。
オーブントースターを使用した調理を簡単でより効率的に行える「Cheat Sheets」を使えば一枚の天板のうえですべてを同時に調理することが可能に。食材を...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
個人でもワンコインから屋上緑化に協力できるサービス「Beeslow Club」がリリース。
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。
“料理で世界を動かす人材”の育成を目指し「辻調理師専門学校」が2021年4月より"日本料理"に特化した新たな学科を新設すると発表。
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
機能とデザイン、調理のしやすさ、さらには焚き火の炎の美しさにまで着目した、欲張りすぎる焚き火台「BonHax」
世界にはいろんな愛のカタチがあります。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
素材の持ち味を逃さず、しかも柔らかく仕上がると、いま話題の調理法に“真空調理”があります。材料に応じた時間と温度設定で真空状態にしたお肉などを加熱していく...
プロのモデル並みとはいかなくたって、自分のあるべき場所で生き生きしている姿は、やっぱり美しい。大切な家族のそばで見せる笑顔であったり、しごとに勤しむ時の真...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
「9w.(クオウ)」が制作した「モジュラーグリルプレート(M.G.P.)」の紹介。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第7弾です。