「絵柄と値段が気に入ったカップ」が、たまたまエコでした。

タイトルそのまんまの話。

店頭で見かけて“なんかいい感じの絵柄じゃん”と手に取ったカップ。カワイイとかカッコイイじゃなくて、ユニセックスで楽しめるパターンや少しザラっとした質感、アーシーな素材の色が好み。お値段を見ると4点セットで税抜2,480円。安い! 即購入。

で、調べてみるとこのカップはエコ素材で作られていました。

〈EcoSouLife(エコソウライフ)〉というブランドの商品で、竹の繊維であるコーンスターチが主成分。竹は成長が早いため環境の負荷が少ないそうです。また、土に埋めるとそのまま自然にもどっていくので、CO2削減にも一役買っているのだとか。

環境問題に無関心ではないし、何かできればって考えることはあるけれど、“エコ素材だから購入しよう”とは、なかなかならない。こんなふうに、気に入ったプロダクトがたまたまエコ素材だったっていう流れが理想的だな〜と思います。

 Amazonで購入可能です。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

台湾のデザイナーMikey WuさんとFang Shihさんが、タピオカ専用エコカップ「Float」を製作しました。
「ブルーボトルコーヒージャパン」は、先週11月21日からリユーザブルカップ「ブルーボトル エコカップ」を販売。テイクアウトカップの使用を減らし、環境へ配慮...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。
今週2月25日から、東京駅新幹線南のりかえ口前の臨時販売スペースで、ヴィーガン・ムスリムフレンドリーなお菓子「Plant Based(プラントベース)」の...
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
〈トラサルディ〉のポーチは、無骨で男性っぽい見た目。ですが、意外と女性が持ってもハマります。
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
2020年2月21日(金)、渋谷・道玄坂「WOMB」に集まった女の子たちに突撃取材!
54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
日に日にふくらむお花のつぼみを見るたびに、満開の桜の下でお花見するのが待ちきれなくなってくる今日この頃。ポカポカした陽気のなかでみんなで乾杯!なんて、考え...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
「これはマストチェック!』と心から思う「Netflixオリジナル作品」を4作紹介。
ジーンズなどの製造・販売を予定している「RIOT PANT PROJECT」は、社会に一石を投じるデザインが話題のファッションレーベル。問題視しているのは...
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
このマグカップのユーモラスな形がすごくいい。“まる”というのがひとつのキーになっているようで、持ち手も台座も全体のフォルムも丸っこい。でも、カワイイだけに...
使い方だってカンタン。茶葉をユニコーンの中に入れてカップにセット、お湯を淹れてしばらく待てば完成。茶渋を洗うのが少し面倒くさそうだけど、そこさえクリアにな...
家の観葉植物に水をあげる用のジョーロ。じつはずっと気に入るものを探していた。ここで言う“気に入る”っていうのはルックスの話だ。
2012年に設立された、子どものためのエコバンク「Banco del Estudiante Bartselana」。考案したのはペルーに暮らすJose A...
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。