歩けば歩くほど、自然に恩返しができるトレッキングポール

人間の進化と社会の発展に反比例するように、僕たちはこの星の環境を自らの手で大きく変えてしまいました。森林破壊などによる自然の浪費は、やがて地球温暖化をうみ、気候は激変、砂漠化に拍車をかけています。

個人レベルでできることと言えば、資源の無駄づかいをしないこと。間接的な方法のため効果が分かりにくい。ならば、こんな方法で“自然への恩返し”という選択肢はどうでしょう。

歩くだけで
そこには“花道”ができる

見た目は、トレッキングに使用するポール。というかただの竹の棒。ところが、先端部分に注目。ここにテクノロジーが集約されているのです。中には植物の種がびっしり。

そうです、地面にトレッキングポールを突き刺すごとに、種が埋め込まれる仕掛けです。イメージしてみてください。自分が歩いてきた道に、1ヶ月後もすれば若葉が育ち、花が開き、実をつける……。木の種を植えることも可能だそうです。

だけど、勝手気ままの闇雲に植物を植えればいいという訳ではありません。訪れた山林に生息する植物の生態系もありますから。じゃあ、自分のポールに入った種が適しているかどうかを、いかにして判断すればいい?

そんなときは専用アプリで生息地をチェック。さらにミスが起こらないように、外来植物の種が入っている場合は、自動でロックできる機能もあるそうです。それでも、もれを防ぐことはできないと、開発者のJake Queenさんは認めながらも、自然を愛する人たちに向けて、こうメッセージを送ります。

「自然を愛する気持ちがある人は、みんな心の優しい人たちです。植えてはいけないものは、植えないと信じています」

自然を思い出すように
花や木を届ける

歩きながら種を植えるというアイデアは、1700年代後半のアメリカの開拓者ジョニー・アップルシードが起源。彼はリンゴが無い地域に種をまき、果樹園を作ることで、その土地で暮らす多くの人々に新しい食料を届け、生活をより良くした人物です。

未来を生きる人々に1本でも多くの木を残しておく。それは、自分たちの暮らしを豊かにするうえで野山から手に入れた多くの資源への恩返し。そこに「FytoStick」の理念が込められているのです。

Licensed material used with permission by FytoStick, (Instagram), (Facebook)
デザインスタジオ「town.and.concrete」が発案した木を伐採せずに建てられるシリンダー型ハウス。フランスのリヨン近くにある森に建てること考えた...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
「森林伐採」をひとまとめにネガティヴなこととして考えるのはナンセンスかもしれない。
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
目の前で焼きあがるフレーバーは10種類乃木坂にオープンした食パン専門ベーカリーViking Bakery F〒107-0062 東京都港区南青山1丁目23...
トイレットペーパーの製造には、年間約1,500万本の木が使われているらしい。この数字は、森林伐採理由の約15%を占めるとか。とはいえ、僕たちの生活に欠かせ...
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
自然界の存続に実は多大な影響を与えているハチがいま、絶滅の危機にさらされています。捨てれば捨てるほどハチを救える「紙」が、世界ではじめて開発されました。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
「たった数名にプレゼントする」とWindowsの公式Twitterアカウントが発表し、昨年末にデザインされたセーターの紹介です。
世界自然保護基金<WWF>が打ち出した新しいコレクションは、全面に工事現場や、自然を破壊する情景の写真が使われている。環境を守りたいと思うからこそ、生み出...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
2012年に設立された、子どものためのエコバンク「Banco del Estudiante Bartselana」。考案したのはペルーに暮らすJose A...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
フレンチ出身のシェフが手がける牛串が絶品恵比寿にオープンした立ち呑みスタイルのバルBUTCHER YAMAMOTO & Daughters〒150-002...
コペンハーゲンを拠点とする建築事務所・EFFEKTが、高さ600mにもなる遊歩道のコンセプトデザインを発表しました。樹木で作られた螺旋階段を登れば、雄大な...
現在、フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。そんな背景から、パラワ...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
会場のドアが開き、花嫁が教会のバージンロードをゆっくりと歩き始める。この結婚式の日ばかりは、女性は誰でもお姫様になる。父と一緒に教会の通路を歩く姿は、派手...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
オランダのエネルギー企業ARNは、使用済みオムツをリサイクルできる工場の建設を始めました。
ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っている。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だから。けど、膨大なイ...