「MIT」が実験室で植物を育てられる可能性を示唆【研究結果】

今、家にある木製テーブルはどうやって作られたものだろうか。まず木を育て、伐採、輸送、さらに形を整えてから組み立てる。非常にコスト時間がかかることは一目瞭然だ。

森林伐採環境問題が深刻化するなかで、この木材の調達方法に、将来、革命が起きるかもしれない。

「マサチューセッツ工科大学(MIT)」の博士課程の学生が発表し、環境学の学術雑誌『Journal of Cleaner Production』に掲載された論文で、実験室で木材や繊維などの特定の植物組織を育てられることを提唱した。

実験では、百日草から細胞を抽出。その細胞を培養し、ゲルに移植。そこで2つの植物ホルモンの混合物を使用し、細胞から堅い木に似た植物組織を生成した。なお、一連のプロセスで、土や日光は一切使用していない。

実験結果から、植物の細胞を制御された生産プロセスで使えることを証明し、それはすなわち、将来的にテーブルを作る、椅子を作るなど、特定の目的に最適化された材料を調達できる可能性を示すことができた。

この研究はまだ初期段階にあるものの、もし本当に実験室で野菜や木材を生産できるようになれば、農業、林業に大きな変革がもたらされることは間違いない。

Top image: © Budimir Jevtic/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
知っておきたい植物性ミルクの基本から、第4、第5のミルクとして今後注目されるネクストミルクまでをご紹介!
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
昨今、牛や鶏などの動物性プロテインに代わる、より地球に優しいプロテインとして注目を浴びている、植物性プロテイン。豆腐などに含まれるそれは、じつは数々の研究...
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
アメリカで展開されていて、日本未発売の「Hanes」のマスク。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...