環境破壊

国連は生態系の破壊が、動物の病気が人間に進入する危険性を高め、新型コロナウイルスのような感染症のパンデミックを頻発させる可能性を指摘した。
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
機能性だけじゃなく、地球や人など“何か”のためになるマスクを紹介。バクテリアや海から回収したプラスチックを再利用して作ったマスク、持続可能な綿花で作ったK...
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。
ニューヨークに住んでいたとき、日々の行動が環境にどのような影響を与えているかを意識するのはごく自然なことだった。私が東京に1年しか住んでいないがゆえに、環...
2001年、イスラム原理主義組織タリバンによって、アフガニスタンのバーミヤン渓谷にある、2つの大仏像が破壊されました。「偶像崇拝禁止のイスラム法に反する」...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
この春、原宿のいたるところに貼られていたこのポスターを目にしたことがある人もいるかもしれません。仕掛けたのは、アウトドアブランド「パタゴニア」です。 じつ...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
トイレットペーパーの製造には、年間約1,500万本の木が使われているらしい。この数字は、森林伐採理由の約15%を占めるとか。とはいえ、僕たちの生活に欠かせ...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
ここで紹介するのは、一見なんの変哲もないUSBスティック。が、これをパソコンに接続すると…。接続した途端、パソコンが壊れる!?USBポートに挿しこむだけで...
今の快適な生活は、誰かの大切なものを奪うことで成り立っているのかもしれない。それを意識しながら日々を過ごしている人は、どれだけいるんだろう。人間同士で思い...
野外フェスの参加者の4人に1人は、自分が持ってきたテントをその場に捨てて帰るそう。そのため「KarTent」は、少しでも状況を改善するためにダンボール製の...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
世界自然保護基金<WWF>が打ち出した新しいコレクションは、全面に工事現場や、自然を破壊する情景の写真が使われている。環境を守りたいと思うからこそ、生み出...
上司からの侮辱、同僚からのプレッシャー。これらが過度になると「有害な職場環境」が生まれます。ライターMarcel Shwantesの記事を読むと、どれだけ...
その名も「The Break Room」。2016年4月、メルボルンにオープン予定のこの部屋は、安全にモノを破壊するために用意された場所だ。一体、なんのた...
普通のペットボトルは分解に数百年かかるが、このプラスチックレスボトルはほんの数週間で分解されるという。海に流れても、プラスチックのようにずっと残ることはない。
8月20日からアメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港で、ペットボトルに入った飲料水の販売が禁止された。販売禁止に先駆けて、空港内には約100...