「環境に優しい商品」のヤバい真実と現実。映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』

スーパーなどでの買い物の際に見かける「エコマーク」「環境に優しい」といった表記のある食品。ほかの商品と比べて少し高くても、環境のためを思って選んだことがあるという人も少なくないのではないだろうか。

3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと謳われている食料品の真実に迫る“ダークツーリズム”作品

「持続可能なパーム油などない」というグリーンウォッシング専門家の驚くべき意見を聞いた監督は、実際にパーム油の生産量世界一であるインドネシアを訪れる。そこで目にしたのは、農園を拡大するために焼き尽くされた熱帯雨林の跡地だった──。

「グリーンウォッシング」とは、企業が利潤を求め、カタチばかりのエコ表記をする広告方法や企業活動のことで、欧米を中心に社会問題となっている。

私たちは商品のパッケージを見ることでしか、環境に配慮された商品かどうか判断することができない。このような真実を知ることはとても悲しい。しかし、私たち一人ひとりがどう行動するべきなのか、そのヒントが『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』には隠されているかもしれない……。

© ユナイテッドピープル ©︎e&a film/Youtube

映画『グリーン・ライ ~エコの嘘~』
【上映】2020年3月28日から「シアター・イメージフォーラム」ほか全国順次公開
【監督】ヴェルナー・ブーテ
【制作】e&a film
【配給】ユナイテッドピープル
【原題】『The Green Lie』(オーストリア/2018年)
【上映時間】97分

Top image: © Filmladen Filmverleih
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「CRAYZY KITCHEN」は、サステイナブルを意識したケータリングサービス「SUSTAINABLE COLLECTION」を開始。食材から箸、おしぼ...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
環境に優しいサステイナブルな食品原料として期待される「Solein」。空気中から抽出した二酸化炭素、水、電気からつくられたパウダー状のもの。栄養素の割合は...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
「222(ニャンニャンニャン)」の猫の日である2月22日から、世界初となる往診専門のサブスクリプション型どうぶつ病院「トレッタねこ病院」のサービスが開始される。
1月21日、スターバックスがサステイナブルな新戦略を発表。植物ベースのオプションを拡大することや使い捨てから再利用可能なものに変更すること、食品廃棄物を再...
新発売された簡易食品容器「BPM」は、従来のパルプモールド容器問題を解消し、最後は水分と温度が適度な環境下に置くことで生分解される。原料に使用される「孟宗...
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
アメリカ東海岸で生まれた「Timberland(ティンバーランド)」が、2020年春夏コレクションの一部として、サステイナブルなワークウェアを発表した。
ペプシコーラを販売する「ペプシコ」がバレンタインデーにちなみ“特別なエンゲージメントリング”をプレゼントするキャンペーンを開催中。台座には「クリスタル・ペ...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っている。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だから。けど、膨大なイ...
2009年に誕生したリサイクル素材や環境負荷の低い素材・副資材のみを使用したアパレルブランド「エコアルフ」。2020年3月に渋谷区神宮前に1号店をオープン。
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
スマートベルトを開発する「WELT」から最新モデル「WELT PRO」が発表。さまざまな歩行パターンを分析して、転倒のリスクが高くなっている状態を知らせて...
中国の美しき山脈地・桂林をイメージして作られたランプ「GuiLin Lamp-scape」。光と反応することで、空気中のバクテリアや有害物質、匂いまで取り...
上司からの侮辱、同僚からのプレッシャー。これらが過度になると「有害な職場環境」が生まれます。ライターMarcel Shwantesの記事を読むと、どれだけ...
環境保全、防災の観点から荒れ果てた竹林を計画伐採し、竹林再生の過程でできるタケノコを使って作る缶詰「京都缶*環づめプロジェクト」。収益は地域住民の雇用促進...
「ブルーボトルコーヒージャパン」は、先週11月21日からリユーザブルカップ「ブルーボトル エコカップ」を販売。テイクアウトカップの使用を減らし、環境へ配慮...
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止...
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...