サンゴ礁が死滅の危機に。「800種以上のサンゴ」の保存計画スタート

美しい海の風景を彩る、白いサンゴ礁。なかでも、オーストラリアの東海岸に位置する世界最大のサンゴ礁「グレート・バリア・リーフ」は、世界自然遺産にも登録されており、その美しさは世界中の人々を魅了している。

しかし、そんなサンゴ礁が気候変動の影響で“死滅の危機”に瀕していることをご存知だろうか。

グレート・バリア・リーフでは、過去5年間に3回の大量白化現象が発生しており、1995年から現在に至るまで、サンゴが半減してしまっているという。そんな状況に立ち向かうべく、オーストラリアのとある自然保護組織が立ち上がった。

豪NPO組織「グレート・バリア・リーフ・レガシー」は、世界中のサンゴ800種以上を収集し、収容することを計画を発表した。「リビングコーラルバイオバンク」と呼ばれる施設にて、将来、サンゴ礁の再生が必要になった場合に備え、サンゴのコレクションを保存するという。

きちんとした環境のもとでは、何千年も生き延びることができるというサンゴ。また、有性生殖だけでなく無性生殖が可能なサンゴは、自分自身のクローンを生産することができるため、バイオバンクのなかで半年ごとに2倍ずつその数を増やしていくという算段だ。

温暖化により被害を受けたサンゴ礁の早い快復を祈りつつ、気候変動について、日々の暮らしのなかで何ができるのか考えてみるのもいいかもしれない。

Top image: © iStock.com/byrneck
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2021年1月1日より、サンゴの白化現象に深く影響を与えるとされる成分が配合されている製品の販売を制限する法律が本格施行となった。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
国連は生態系の破壊が、動物の病気が人間に進入する危険性を高め、新型コロナウイルスのような感染症のパンデミックを頻発させる可能性を指摘した。
世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」と言えば、オーストラリアにあるスキューバダイビングスポットとして有名な観光地の一つ。エメラルドグリーンの海の様子...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
いま、世界中の海でサンゴ礁の白化現象が懸念されている。海水温の上昇が引き起こすサンゴの死滅は、太平洋を西へ西へと移動中。モルディブやパラオなどダイビングの...
世界最大のサンゴ礁地帯グレート・バリア・リーフは、その昔、日本列島がすっぽり入ってしまうほどの面積があったそう。栄養豊富な水質の良い海には、多くの魚が暮ら...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
究極の納豆ごはんを追い求め、全国にあるおいしい納豆の発掘をする納豆ご飯専門店「令和納豆」が、オンラインショップを開設。全国から取り寄せた国産納豆の人気商品...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...