この服が1枚売れるたび、誰かの命は脅かされている。

このシャツが1枚売れるたびに、世界の不幸はまた増える。

パンダがトレードマークの、世界自然保護基金<WWF>。彼らが新しく打ち出したコレクションは、Tシャツの全面に工事現場や、自然を破壊する様子が描写されたもの。

エシカルファッションならぬ、“シニカル”なデザインは、環境を守りたいと思うからこそ生み出された「最悪な未来予想図」。

21e3bec0b1b9eacda832f75921bc4a265fec215a

このコレクションには、ブルガリア南西部『ピリン国立公園』の問題を知ってほしいというメッセージが込められている。同公園は、世界遺産に登録されながら、現在、産業活動の脅威にさらされているという。

世界遺産オンラインガイド」によると、300種の希少動物、国際的な絶滅危惧種が15種も生息している貴重なエリア。シャツが描くように人の手によって壊されたとき、地球上から多くの財産を失ってしまう可能性がある。

買わないで、増やさないで。

自然を破壊するこんな風景は、Tシャツ1枚分だって増やさないでほしい。そう多くの人が同じ想いを抱くだろう。そこで……<購入ボタン>をクリックしても、実際に購入することはできない仕掛けを用意した。つまり、これらは全て非売品なのだ。

あたかも購入できるような見せ方をしたのは、望まない未来がすぐそこまで来ていることを表現したかったからに違いない。

950e832d1ed402f9a7115bc02159f01d6f6084d7

ボタンを押すと同時に「“今のところ、まだ”非売品です」というメッセージが表示されるのがその証拠。

3d81cd773fe4ad9d8b91416d844506e53a893720E1bac3e9178661ac4bf7fcbd98b3f6f249564e13

この先もずっと非売品にしておくために、WWFは「自然を守るための請願書」の署名を求めている。

メールから署名する

Licensed material used with permission by WWF
パンダのロゴでおなじみのWWF(World Wide for Nature:世界自然保護基金)のバルーンを使った4枚のプリント広告。どこの広告代理店が仕掛...
2015年に謎の伝染病によって、20万匹以上が死に至った絶滅危惧種「サイガ」。ある研究チームが約3年をかけて、その原因を突き止めました。
33年後の未来を描いたポスターが、大きな物議をかもしている。描かれているのは、米国にある7つの国立公園。いずれも、本来は美しい景観の超人気観光スポットだ。...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
この画像に何が写っているのか、分かるでしょうか?なんと、10人中9人が見えていないのだそう…。どうでしょうか?ちょっと目がチカチカしますが、見えない…とい...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
先端部分に注目。ここにテクノロジーが集約されているのです。中には植物の種がびっしり。地面にトレッキングポールを突き刺すごとに、種が埋め込まれる仕掛け。
愛知県・渥美半島の南側に位置する表浜海岸。ここは約50kmにわたる長浜で、自然も豊富。古くから絶滅危惧種のアカウミガメが産卵に訪れる場所として有名でした。...
サイやトラは、絶滅が危惧されている動物。しかしその状況下にあってもなお、密猟が行われ続けているという問題があります。その対策として作られたのが、なんと「バ...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
去る8月13日、2015年をまだ4ヶ月以上も残して、人類は“タイムアップ”の日を迎えてしまった。「アース・オーバー・シュート・デー」地球が1年間に生産可能...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
洗濯をするたびに、環境破壊に繋がる行為をしていたなんて…。私にはまったく悪気がなかったけれど、そんなこと言われたら使うしかないじゃない。このコロコロした手...
アメリカには、現在、59もの国立公園がある。そのすべてを周って写真を撮り続けたのは、フォトグラファーのJonathan Irish。じつに、1年の月日をか...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
「ストレス発散」といえば。ショッピング?美味しいもの?いやいや、それで満足できる?モスクワ発の「Destroyery」は、お金を払って鈍器で好きなだけセッ...
2001年、イスラム原理主義組織タリバンによって、アフガニスタンのバーミヤン渓谷にある、2つの大仏像が破壊されました。「偶像崇拝禁止のイスラム法に反する」...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...