バルーンを使ったアイディアが秀悦。WWFのプリント広告

パンダのロゴでおなじみのWWF(World Wide for Nature:世界自然保護基金)。世界最大規模の自然環境保護団体の広告には、古今東西を問わず素晴らしいアイディアをベースにした表現が多く見られる。

クリエイティビティとメッセージ性のマッチした、これらの作品のように。

若手クリエイターの登竜門
学生たちも積極参加

WWFなどのクライアントは、Public Service Announcement(公共広告)と言われる分野に属していて、世界各国のクリエイティブに携わる人々から熱い支持を受けている。それには、2つの理由が。

1つ目は、クライアントの表現に対する自由度が高いこと。うるさいクライアントに悩まされるクリエイターたちにとって、これはご馳走そのもの。2つ目は、公共広告は社会的に注目されやすく広告賞などの受賞に結びつきやすいことが挙げられる。

公共機関は、広告費に出費する予算が多く取れず、クリエイターたちはバーターで協力をするケースが多い。若手のクリエイターにとってみれば、賞レースの一環なので積極的に制作をするという裏話もある。

さて、以下の4枚のプリント広告。どこの広告代理店が仕掛けたのかと思って調べてみたら、米国にある企業広告の専門学校MIAMI AD SCHOOL / ESPMの学生たちだったから、ちょっと驚き。

広告のつくりは、ワンビジュアル、ワンラインとシンプル。だが、“TOO FRAGILE FOR HUMAN GREED”(人間の強欲を満たすためには、脆すぎる)というメッセージは、バルーンに迫る釣り針や、ライターの火、有刺鉄線といったビジュアルと絡ませることで、説得力をもたせている。

一連のシリーズでは、上から順に「違法漁業」「森林火災」「地球温暖化」「生息地の消失」を表現しているそうだ。

実際に広告を制作した学生チームに質問をしてみた。

Q:アイディアのきっかけは?

A:授業で、ブランドや商品のプリント広告を制作する機会がありました。自然界における絶滅問題を扱って人々に気づきを与えたかったんです。そこで、人々の関心を引く、強いビジュアルとメッセージを組み合わせようと考えました。

Q:広告が出稿された後の人々の感想は?

A:メッセージはちゃんと理解されて、多くの人々が共感してくれたと思います。でも、中にはフォトショップを使っただけみたいな反応も。それでも、モチーフを動物にこだわったことは一定の評価をもらえたと思っています。

Q:ところで、広告賞への応募はしたの?

A:Wave Fastival(ラテンアメリカの広告祭)には、提出しました。結構、反響はよくて、手応えを感じています。今後、どの広告賞に送るかはリサーチ中です。

言わずもがな、広告業界におけるアメリカのクリエイティビティと、その地位はかなり高い。改めて、クリエイターの層の厚さや底力を感じた。

Licensed material used with permission by Miami Ad School

関連する記事

世界自然保護基金<WWF>が打ち出した新しいコレクションは、全面に工事現場や、自然を破壊する情景の写真が使われている。環境を守りたいと思うからこそ、生み出...
英国「BBC」が制作する自然ドキュメンタリーシリーズ「A Perfect Planet」を宣伝するため、同社のクリエイティブチームがユニークな広告を作成。...
食べかけの状態が立体化された、ロゴもキャッチコピーもないフランスの「マクドナルド」の最新の路上広告がシャレてる。
デンマークの「Simple Feast」が制作した広告ブロッカーなら、ジャンキーなネット広告を、野菜を使ったユーモラスなGIF画像に置き換えてくれる。
ファッションブランド「KoH T」より、サッと取り出しクシャッとしまう、身に付けるエコバッグ「Pebble」が登場。
スウェーデンの広告会社「Le Bureau」が非常にユニークな体験型広告を製作した。雑誌に石鹸で作られたページを挟むことで、実際にそのページを使用して手を...
多くの人に環境意識を高めてもらうために、世界自然保護基金(WWF)が新たなキャンペーン企画をはじめました。
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
世界の生物多様性が過去50年で68%喪失したことを今月上旬に発表された「WWF」の報告書『Living Planet Report:生きている地球レポート...
「Scholz & Friends」が制作した「マックカフェ」の“ありそうでなかった”広告に脱帽。
発酵食品仕込み教室「神楽坂発酵美⼈堂」が、天然のヒト型セラミド配合した「オーガニック セラミド甘酒」をリニューアル発売。
WWFのWEBサイトで発表された画像をご紹介。絶滅危惧種に指定されている「ジャイアントパンダ」の推定個体数は1,864頭。うち、1,246頭が保護区域内で...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
2015年に謎の伝染病によって、20万匹以上が死に至った絶滅危惧種「サイガ」。ある研究チームが約3年をかけて、その原因を突き止めました。
6月17〜24日に開催されたCannes Lions(カンヌライオン国際クリエイティビティフェスティバル)。時代の流れと共に、数年前から、デジタル色を帯び...
異質な広告会社「ConCreates」。スタッフは、刑務所に入ったことがある、もしくは現在入所中の人たちで構成されるという。PR動画には、「私たちがいうク...
えっ、PEE(=おしっこ)?スウェーデン発祥の家具量販店、そう、あのイケアだ。彼らが新しい広告を出したという情報を入手したので調べてみたら、上の単語が並ん...
増加するサイバー犯罪の対策に向けて、今一度自分のパスワードを確認してもらいたいという思いが込められた、スウェーデンのインターネットセキュリティ組織「SSF...
7月14日、「バーガーキング」が「ゲップ」と「オナラ」をする回数の少ない牛を飼育し、その肉を使ったワッパーの販売を発表。
世界中の人びとが同じ日・同じ時刻に電気を消し、世界各地を消灯のリレーでつないでいく、世界最大級の環境アクション「EARTH HOUR 2020」。実施は3...
オーストラリアのフリーマントル市議会は、市内における「バルーンリリース」を禁止する条例を可決。港湾都市として、海や海洋生物など環境に配慮した政策に取り組む。
11月27日、ブラックフライデーにあわせて「パタゴニア」が「ニューヨーク・タイムズ」に広告を掲載した。
7月27日、イギリス政府が新型コロナウイルス(COVID-19)に打ち勝つ肥満対策として、新たなガイドラインを発表した。
ナイトクラブ向けファッションブランド「Industrial Strange」がオーストリアの広告会社とタッグを組んで手掛けた刺激的なPRが話題。
ドライブでよく目にする看板広告。おや、でもよく見ると......人がいる?
ある企画で1950年代の広告と現代の価値観を反映させた「自作広告」を比較しました。「キッチンから出なさい!」と言う誇らしげな女性など、今ではビックリの価値...
別にブランドに頼まれたわけでもないのだけれど。
国連は生態系の破壊が、動物の病気が人間に進入する危険性を高め、新型コロナウイルスのような感染症のパンデミックを頻発させる可能性を指摘した。
日本でもお馴染みの「KFC」による米国での広告。どうやら、ライバル企業の敷地ギリギリに巨大広告を建設中しているらしい。
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...