わずか3週間で、20万匹の絶滅危惧種を殺した犯人が明らかに。

絶滅危惧種「サイガ」が謎の大量死を遂げる──。

2015年に報道されたニュースなので、その内容を覚えている人はほとんどいないかもしれません。

だけど、たった3週間でサイガの個体数の約60%である、20万匹以上が死に至った怪奇現象に疑念を感じた人も、当時はたくさんいたそうです。

これまで、死因は明らかになっていませんでしたが、つい先日、研究者たちがその犯人を突きとめました。

犯人は、細菌。
でも、真犯人は…。

日本でも「鼻に加湿器を持っている」などと親しまれ、それなりの知名度があるとはいえ、サイガを知っている人は多くないでしょう。「WWF」によれば、その鼻は砂っぽい夏の空気を綺麗にする、寒い冬の空気を暖かくする機能があるようです。

主にカザフスタンやモンゴルあたりに生息するサイガは、20世紀のはじめに絶滅寸前になるも、ソ連などの保護のおかげで生態系を維持し、少しずつと回復に向かっていきました。しかし、現在に至ってもその個体数は未だに少なく、「絶滅危惧種」とみなされています。

だからこそ、2015年の謎の大量死はたくさんの人を驚かせたのです。

怪奇現象の原因を約3年にわたって調査してきたRoyal Veterinary大学のチームによって、去る1月17日に発表された論文によれば、サイガを死に至らしめた犯人は「Pasteurella multocida」という細菌だそう。

しかし、通常ならば猫や犬も持っているような細菌、これ自体が致命傷になるケースはあまりないようです。そこで、なぜ殺傷能力が上がってしまったのか?という疑問について、2015年の気候が平均よりも高温多湿になっていたからだと、研究者たちは推測しています。

つまり、直接的原因になったのが細菌で、間接的に関与したのが気候変動

では、「気候変動」はどこからきたのか?

NASAのホームページによれば、1880年から2014年で、地球の平均気温は0.8℃上がっているそうです。ちなみに、サイガは高い環境適応能力を活かしながら、生息地を徐々に北に移しているのだとか。

「絶滅」という言葉が頭によぎる事件が起こった2015年は、NASAの観測史上3番目に暑い年でした。この温暖化には、ほぼ一年中発生していたエルニーニョ現象が一因となっています。また、気象庁は異常現象について、冬場にモンゴルあたりでの降水量を増やす影響があると説明。

そのエルニーニョ現象は地球温暖化により威力を増していると、考えている科学者もいるほど。

もしも、地球温暖化が関係しているとなると、真犯人って、まさか……。

過去には、サイガの角や毛皮を求めて、狩りが横行していたようです。たくさんの人のおかげで、ハンターたちは少なくなっているものの、異なった方法で人間はサイガを苦しめているのかもしれません。


腹落ちしないハンターたちの主張を聞く。

岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
「森林伐採」をひとまとめにネガティヴなこととして考えるのはナンセンスかもしれない。
絶滅の危機に瀕しているキタシロサイ一頭が死体で発見された。場所はケニアのオルペジェタ自然保護区。これで世界で生き残っているキタシロサイはわずか6頭。死亡が...
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
自動車、時計、家具…それらの世界一には手が届かなくても、食品なら手が届くかもしれない?話のネタになるくらい、味が一生記憶に残るくらい、すごいものを口にした...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
サイやトラは、絶滅が危惧されている動物。しかしその状況下にあってもなお、密猟が行われ続けているという問題があります。その対策として作られたのが、なんと「バ...
言語研究サイト「Ethnologue」(2015年度版)によると、世界には実に「7,457」もの言語が存在するそう。想像をはるかに上回る数字だけれど、英語...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
インドネシア・スマトラ島。豊かな熱帯雨林が広がり、ゾウやサイ、トラやオランウータンが共存できる「地球上最後の場所」といわれるこの島から、いま世界へ向けて救...
世界自然保護基金<WWF>が打ち出した新しいコレクションは、全面に工事現場や、自然を破壊する情景の写真が使われている。環境を守りたいと思うからこそ、生み出...
愛知県・渥美半島の南側に位置する表浜海岸。ここは約50kmにわたる長浜で、自然も豊富。古くから絶滅危惧種のアカウミガメが産卵に訪れる場所として有名でした。...
絶滅危惧種に指定されているジャイアントパンダ。彼らは、少なくとも13種類の鳴き声を使い分け、コミュニケーションを取り合っていることが判明。“パンダ語”を解...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
この画像に何が写っているのか、分かるでしょうか?なんと、10人中9人が見えていないのだそう…。どうでしょうか?ちょっと目がチカチカしますが、見えない…とい...