この世から消える可能性のある「色」のペンキ

国連の調査によると「数十年後までに約100万種類の動植物が絶滅の危機にさらされる可能性がある」とのこと。

そんな未来を少しでも変えるために、フィンランドの塗料メーカー「Tikkurila」が「Endangered Colors collection」というペンキを発表。それぞれが絶滅危惧種に指定されている動物を象徴する色となっている。

色は、シベリアトラのオレンジやレッサーパンダの赤を含む9色展開。2020年に販売予定となっており、値段は明らかになっていないが、ペンキがひとつ売れるごとに1ユーロを自然保護団体に寄付するという。

Tikkurilaは「私たちはビルや家具を補修するためのペンキを提供するように心がけてきましたが、今回はその対象が動物です」と説明している。彼らが掲げる使命に即した素晴らしい取り組みといえよう。

Top image: © Tikkurila
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2015年に謎の伝染病によって、20万匹以上が死に至った絶滅危惧種「サイガ」。ある研究チームが約3年をかけて、その原因を突き止めました。
ニュージーランドの観光地「ベイ・オブ・アイランズ」でバンドウイルカとの遊泳が禁止となった。理由は「人間がイルカを愛しすぎた」から......。
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...