約20年ぶりに姿を現した「奇跡のウサギ」。地球温暖化に苦しんでいた・・・

岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」とネット上でも話題が沸騰しています。しかし、そこには絶滅の危機が…。

 テディベアみたいな
愛嬌たっぷりの野生ウサギ

スクリーンショット 2015-10-26 12.53.16

中国北西部、カザフスタンやキルギス共和国と国境を接する天山山脈で、およそ20年ぶりに目撃されたのが、愛くるしい動物「イリナキウサギ(Ili Pika)」です。英語でイリ(Ili)とは、新疆ウイグル自治区とカザフスタンとの国境に位置する地域のこと。つまり、天山山脈にのみ棲息する希少な野生ウサギなのです。

20余年ぶりの再会に
「興奮しっぱなしだった」

スクリーンショット 2015-10-26 12.53.48

「岩陰に動くものを発見。それがイリナキウサギだと分かると、興奮が止まらなかったよ」

レアな野生動物の撮影に成功した、自然環境科学者のLi Widong氏がこう語るのには理由がありました。実は、天然資源や大気汚染の実態調査のため、中国政府の命を受け、1983年にこの地を訪れた際、最初にイリナキウサギを目撃したの人物こそがWidong氏だったから。
しかし、当時の彼は、この地の野生動物の生態には精通していませんでした。地元の牛飼いたちにたずねても、その種は不明でした。そこで、一匹を捕獲し国科学院に送ったところ、このモコモコの生き物がナキウサギの新種であることが判明したのです。
National Geographic」の記事によれば、大まかなの棲息地の絞り込みはされてきたものの、1983年以来、目撃証言はわずかに数回あったのみ。これまでに29頭の確認ができているものの、最後に目撃されたのは1990年代初頭だそう。

“奇跡のウサギ”に迫る
地球温暖化の余波

スクリーンショット 2015-10-26 12.53.38

こうして、およそ20年ぶりにWidong氏によって、再び写真に収められたイリナキウサギ。氏によると、90年代は推定で2,000頭ほどが棲息していたものの、この20年余りのうちに約70%近く減少していると予測。その原因に地球温暖化による影響を指摘します。いま、彼らは絶滅の危機に瀕している生物のひとつなのです。

スクリーンショット 2015-10-26 12.53.28

体長わずか20センチほど。寒さに強く、これまで標高3,000メートル付近を棲息地にしていることが、目撃情報や研究で分かっていました。ところが、今回、Widong氏が出会った地点は、標高4,100メートル。「大気汚染や温暖化による影響が、彼らの生息地を狭めている」と、氏の懸念を「CNN」が報じています。

国際自然保護連盟によって2008年、絶滅危惧種にしていされているイリナキウサギですが、中国ではこれまで保護種認定はおろか、調査研究も実施されてきませんでした。「この山を保護区に指定すべき」とWidong氏は、中国政府に訴えを続けています。

 Reference:National GeographicCNN
Licensed material used with permission by Weidong Li

関連する記事

2015年に謎の伝染病によって、20万匹以上が死に至った絶滅危惧種「サイガ」。ある研究チームが約3年をかけて、その原因を突き止めました。
フィンランドの塗料メーカー「Tikkurila」が「Endangered Colors collection」というペンキを発表。それぞれが絶滅危惧種に指...
7月14日、「バーガーキング」が「ゲップ」と「オナラ」をする回数の少ない牛を飼育し、その肉を使ったワッパーの販売を発表。
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
アイスランドのボルガルフィヨルズルに設置される「氷河の記念碑」が注目を浴びている。「Okjökull」を忘れないようにというものだ。「Okjökull」と...
「株式会社ユーグレナ」と「銀座久兵衛」がコラボし、地球温暖化により海洋生態系が破壊され、寿司から日本近海のネタが消える未来を予測した「寿司が消える日」。
12月4日、「TED」が「Countdown(カウントダウン)」という特設サイトをローンチした。目的は気候変動を注意喚起するためだ。
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
Sonam Wangchukさんは、地球温暖化に苦しんでいるヒマラヤ山脈に暮らす人々の生活を改善しようと試みる。彼の「思考プロセス」にフォーカスして、紹介...
車社会アメリカならではのサービスとして1930年代より全土に広まったドライブスルー。その存在が「地球温暖化」によって消えるかもしれない。
アメリカのバークレー市は、「ガス」の使用禁止を決定。地球温暖化対策として、2020年から施行されるようだ。
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...
デザイナーMagnus Maarbjergさんが、2050年あたりの未来を予想している。少しばかり悲観的なイメージを受けるが、日本に暮らしている人は他人事...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
「earth puzzle(地球パズル)」には専用のボードがありません。北や南といった方角を気にせず、自由に「自分だけの地球」をつくることができます。通常...
あるイギリスの研究によれば、数十年後までに乱気流の数が激増するようです。これには、地球温暖化による気候変動が大きく影響しているのだとか。
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
地球温暖化により水位が上がっていく海。何かをしなければ多くの場所が水没してしまうことになります。国民の生活を危険にさらしてしまう「水の恐怖」を知ってもらう...
パリの副市長であるChristophe Najdovski氏は、2030年までに市内へのガソリン車の乗り入れを全面禁止する計画を明らかにした。パリ市議会で...
世界中の人びとが同じ日・同じ時刻に電気を消し、世界各地を消灯のリレーでつないでいく、世界最大級の環境アクション「EARTH HOUR 2020」。実施は3...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...
12月2日、ニュージーランド政府は2つの約束を打ち出した。1つ目は、「気候非常事態」の宣言、施策を通して、地球温暖化による1.5℃以上の気温上昇を避けるこ...
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
「米航空宇宙局(NASA)」は、今月2日に大気汚染の原因となっている二酸化窒素の濃度が中国各地で大幅に減少していることを示す衛星写真を公開した。
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...