私が守るのは、パンと地球です

焼きあがったばかりのパンが買えると、幸せな気持ちになります。

帰るまでの道のり、手に持った袋の中を覗きながら食べるのを楽しみにワクワク。

けれどパンを紙袋で包んでいると、焼きたての美味しさは徐々に失われてしまうって知ってました?せっかくなら焼きたてそのままを味わいたいですよね。

ということで、焼きたてのおいしさを保つ「パン専用の袋」を紹介します。じつはこの袋、環境にも優しいんですよ。

安心して持ち運べます

© 2018 Molfo
© 2018 Molfo

見た目はとてもシンプルな「Deneb」というバッグ。持ち手をひっくり返せばバスケットになり、そのままテーブルに。さらには、パンを保温するための仕掛けまで。袋が二重になっていて、内側に穀物のピローを電子レンジであたためて入れられるようになっています。あたたかいパンを楽しめるのは嬉しいですね。

パンは焼いた後も呼吸をしています。おいしく食べるためには、通気性の良い紙や麻の袋に入れて適度に熱を逃し、呼吸をさえぎらないことが重要。このバッグに使われているのはヘンプという麻の種類の一年草。通気性や消臭機能に優れています。

© 2018 Molfo

守れるのはパンだけじゃない

ヘンプは、化学肥料や農薬なしで育つ上、さらに土壌改良までする性質から“地球環境を改善する植物”と言われています。

さらに茎、芯、種、どの部位をとっても多様な機能性を秘めており、衣料や紙、断熱材、プラスチックの原料、家畜の飼料や建築材料、食品、そして、油となり食品油、化粧品、バイオ燃料などにも利用が可能です

地球環境に配慮し、生活の質を落とすことなく豊かにするべく生み出されたこの製品。パンを守りながら、地球を守る小さな救世主はこちらから。

 

Top photo: © 2018 Molfo
Reference: Molfo
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
「earth puzzle(地球パズル)」には専用のボードがありません。北や南といった方角を気にせず、自由に「自分だけの地球」をつくることができます。通常...
ちなみに、サラダパンは『つるやパン』の人気No.2商品(え……)。No.1はまるい食パンにハムとマヨネーズをはさんだサンドイッチだそう。
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
NASAが惑星保護官を募集しましたが、その名前から「エイリアンの襲撃から地球を守る仕事」だと勘違いした小学4年生のJackくん。地球を守りたいという想いを...
埼玉にある自家製酵母のベーカリー「タロー屋」では、季節折々の自家菜園の素材で酵母を起こし、その酵母でパンを焼いている。だが、この記事で注目したいのはパンで...
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
管理栄養士いわく、ごはんとそれ以外(麺類含む)の主食の比率が9対1くらいが理想的だそう。毎日3食食べるのであれば、3日に1食くらいのバランスがおすすめです。
目度が高まる韓国第三の都市、大邱(テグ)。この街には「麻薬パン」と言う名物があります!
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...
「食」をテーマにデザインするテキスタイルブランド・gochisouのデザイナー、坂本あこさんが、東京代々木上原エリアの伝説的パン屋「ルヴァン」のパンを、テ...
地球温暖化により水位が上がっていく海。何かをしなければ多くの場所が水没してしまうことになります。国民の生活を危険にさらしてしまう「水の恐怖」を知ってもらう...
平日の朝食はいつも10分で用意したコーヒーとパンだけ。そんな人も、週末はもう少しパンとコーヒーをグレードアップさせてみない?
カネカ食品がベルギーの乳製品メーカーと技術提携して開発した、パン好きのための牛乳。