60年後の未来。飛行機に乗るのは危なくなる?

身から出た錆。このような「自分の言動が理由となって、災いなどを受ける」という類のことわざが、日本ではよく使われます。

どうやら、先人の教えは正しかったみたいで、環境問題にも同じことが当てはまります。日常の生活から環境を気にかけないと、飛行機に乗ったときの安全性が損なわれてしまうのだとか。

地球温暖化が
乱気流の数にも影響する

日本でもLCCが普及して、数年前と比べても安くかつ早く、たくさんの場所に行くことができるようになっています。しかし、英レディング大学が主導した研究によれば、2050年から2080年までの間に、乱気流の数が激増するのだとか。しかも、この対象になっているのは、荷物などが吹き飛んでしまうようなレベルの乱気流。つまり、約60年後までに、ほとんどの人が恐怖を覚えるであろう”あの揺れ”に、フライト中に遭遇する確率が高まってしまうということ。

あくまでも予想だけど、例えば、北大西洋地域では180%、北太平洋では90%、アジアでは60%も増えるようです。

この原因となるのが、地球温暖化による気候変動

とは言いつつも、フライト中の安全に関しては、悲観になる必要はないのかもしれません。

JALのHPによれば、乱気流にもいくつか種類があって、そのほとんどを避けることができるらしいのです。そこで、厄介になるのが晴天乱気流。これは雲を伴わないため、英語では「Clear Air Turbulence」と呼ばれ、どこにあるのかという判断をすることが難しいそう。

だけど、日本の気象庁、航空局、航空会社は、情報を共有することで、少しでもリスクを避けるために協力をしているのだとか。だから、時には、高度や経路を変えることも。要するに、プロフェッショナルとして、”揺れ”を防ぐために最善を尽くしてくれているようです。

となると、僕たちが考えなければいけないのは、安全性云々の話ではなくて、いかに環境に配慮するのかということ。1人の行動は微々たるものかもしれませんが、きっと良い行いをすれば、良い結果が返ってくることでしょう。そうすれば、約60年後までに起こりうる研究予想を覆すのも、可能になるかもしれません。

6月某日、ケベック・シティーからトロントへ向かう飛行機に乗ったTiffani Louise O’Brienさん。フライト中に眠りについた彼女。目覚めたとき...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
「株式会社ユーグレナ」と「銀座久兵衛」がコラボし、地球温暖化により海洋生態系が破壊され、寿司から日本近海のネタが消える未来を予測した「寿司が消える日」。
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
L.L.Beanのグローサリー・トートは、一生使えるエコバッグです。
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
デザイナーMagnus Maarbjergさんが、2050年あたりの未来を予想している。少しばかり悲観的なイメージを受けるが、日本に暮らしている人は他人事...
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
車社会アメリカならではのサービスとして1930年代より全土に広まったドライブスルー。その存在が「地球温暖化」によって消えるかもしれない。
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
2020年2月21日(金)、渋谷・道玄坂「WOMB」に集まった女の子たちに突撃取材!
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...
『地球の歩き方』から大人の男のためのひとり旅ガイドの第2弾が発売!「より手軽に始められるアジア」と「旅人の心を浮き立たさせる・世界一周」の2冊を相棒に旅に...
12月4日、「TED」が「Countdown(カウントダウン)」という特設サイトをローンチした。目的は気候変動を注意喚起するためだ。
アイスランドのボルガルフィヨルズルに設置される「氷河の記念碑」が注目を浴びている。「Okjökull」を忘れないようにというものだ。「Okjökull」と...
「earth puzzle(地球パズル)」には専用のボードがありません。北や南といった方角を気にせず、自由に「自分だけの地球」をつくることができます。通常...
Facebookの新製品実験チームである「NPE Team」は、今月12日、アートや料理といったユーザーが趣味として楽しむDIYの写真を整理できるアプリ「...
オアフ島カネオヘ地区にある立ち入り禁止のトレイルスポット「ハイクステアーズ」。管理するホノルル水道局は撤去の方向で調整していたが、今月ホノルル市当局から、...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
環境保護を理由に飛行機に乗らないことで知られるグレタさんは、スペインでおこなわれた「COP25」に出席するために滞在していたアメリカから開催地までヨットで...
ここで紹介するのは、2015年3月20日に撮影された皆既日食の動画。普段と違うのは、飛行機の中から撮影されたというところ。その珍しい経験を見逃さないため、...
NASAの地球観測衛星「ランドサット」がとらえた、アラスカの氷河・氷床の映像。過去47年分の大地の記録。
いったいどこに座るのが正解なのか?座席指定がどんどん有料化されていく昨今。それくらい狙える場所を知っておくだけで、フライトの天国と地獄が分かれます。