ヒマラヤの暮らしに日本人が学ぶこと

Sonam Wangchukさんは、地球温暖化に苦しんでいる、ヒマラヤ山脈に暮らす人々の生活を改善する道を切り拓いた。

逆境ともいえる状況をどうやって乗り越えたのか。彼の「思考プロセス」にフォーカスして、紹介してみたい。

人工氷河で緑を増やす

6593464980471808
© The Rolex Awards for Enterprise

ヒマラヤ山脈といっても全体ではなく、インドのラダックと呼ばれる地域が舞台になる。

高山地帯のこの地では砂漠が広がっていて、ただでさえも農作物や家畜を育てるのが難しい。

大部分の生活用水は雪解け水でまかなわれているそう。だけど、地球温暖化によって氷雪の解けるスピードが早くなり、砂漠化が進んでいる。

こんな状況に立ち上がったのがSonamさん。結果的に「人工氷河」による安定した水の供給方法をひらめいた。

この誰もが思いつかなかったアイデアは意外なところで生まれていた。

大きな陰をつくる「橋」

ある日、Sonamさんが歩いているときに橋の下に氷を見つけたそう。「そこは一番暑いと考えられている場所」だったという。

氷が残っている理由は、橋によってできる陰が影響しているのは明らかだった。すぐに彼はどうやって大きな陰をつくるのかに的を絞った。

しかし、どうしても思いつかないアイデア。考える方向性を変えて、もう一度アプローチ。

「基本的に太陽が何かを温めるには『面』が必要だと気づきました。だから、氷の表面積をなるべく減らすようにしてみました」

そこで思いついたのが氷河だった。高低差を利用してホースから水を撒き散らし、冷たい空気に触れさせることで大きな氷の塊をつくる「Ice Stupas」の誕生だ。

人工氷河は徐々に解けていくので、5〜6月の時期まで水を無駄にせずに、農作物や家畜を育てるのに役立つ。しかも、エコ。

物事を多角的に見てみる

5916779729649664
© The Rolex Awards for Enterprise

Sonamさんは陰をつくれないと悟った瞬間でも、諦めずに解けない氷の理由を深掘りしていった。そして、「氷の表面積」が関わっているという本質を突きとめる。

ある1つのことを色々な視点から見れるスキルがあるからこそ、思いついたアイデアなのだろう。

Licensed material used with permission by The Rolex Awards for Enterprise
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
地球温暖化により水位が上がっていく海。何かをしなければ多くの場所が水没してしまうことになります。国民の生活を危険にさらしてしまう「水の恐怖」を知ってもらう...
あるイギリスの研究によれば、数十年後までに乱気流の数が激増するようです。これには、地球温暖化による気候変動が大きく影響しているのだとか。
デザイナーMagnus Maarbjergさんが、2050年あたりの未来を予想している。少しばかり悲観的なイメージを受けるが、日本に暮らしている人は他人事...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
深刻化するインドの大気汚染を逆手にとって、排気ガスから集めた“インク”をアーティストAnirudh Sharmaさんは開発しました。
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
アクション俳優として、また元カリフォルニア州知事としての顔を持つアーノルド・シュワルツェネッガー。2015年12月、パリで開催された気候変動会議の場に招か...
誰もいないニューヨークの街が、水に浸かっている。これは、地球温暖化の進行により、NYが街ごと浸水してしまった場合をシミュレーションした映像だ。もちろんこれ...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
ロサンゼルスのプロジェクトは、「Cool Seal」という塗料を使って、道路を真っ白にしようというもの。景観を崩すわけではないから、東京オリンピックのとき...
ハンドメイドの絵本がミリオンセラーになり、数々の賞を受賞しているインド・チェンマイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなの...
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。