野菜・果物のパッケージやシールを、「レーザー刻印」に切り替えよう。

スウェーデンのスーパーマーケットチェーン「ICA(イーカ)」が、野菜や果物に貼られているブランドや商品コードの目印を、一部レーザー刻印に切り替えました。これによって、シール、箱、プラスチックのフィルムなどを使わずに済むようになるかもしれません。

環境に優しく、印字が明確に!

いまは、オーガニック野菜のアボカドとポテトに限定してテスト運用中。3月末まで利用客の反応や売上への影響を見て、結果が良ければ徐々にステップアップする計画です。

同社の計算では、アボカドで運用をするだけで、年間30センチメートル×200キロメートル分ものプラスチックフィルム使用を削減できます。そのほかの果物や野菜に応用できたら、影響もそのぶん大きくなるだろうと言われています。

シールが剥がれることを防ぎ、印刷よりもハッキリと表示されるため商品情報を読み取りやすくなるというメリットも。ヨーロッパには、大手スーパーチェーン「Carrefour(カルフール)」など、すでに使用されているところがいくつかあるようです。刻印次第で見栄えもよくなるかも?

Licensed material used with permission by ICAgruppen
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
車社会アメリカならではのサービスとして1930年代より全土に広まったドライブスルー。その存在が「地球温暖化」によって消えるかもしれない。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。