野菜・果物のパッケージやシールを、「レーザー刻印」に切り替えよう。

スウェーデンのスーパーマーケットチェーン「ICA(イーカ)」が、野菜や果物に貼られているブランドや商品コードの目印を、一部レーザー刻印に切り替えました。これによって、シール、箱、プラスチックのフィルムなどを使わずに済むようになるかもしれません。

環境に優しく、印字が明確に!

いまは、オーガニック野菜のアボカドとポテトに限定してテスト運用中。3月末まで利用客の反応や売上への影響を見て、結果が良ければ徐々にステップアップする計画です。

同社の計算では、アボカドで運用をするだけで、年間30センチメートル×200キロメートル分ものプラスチックフィルム使用を削減できます。そのほかの果物や野菜に応用できたら、影響もそのぶん大きくなるだろうと言われています。

シールが剥がれることを防ぎ、印刷よりもハッキリと表示されるため商品情報を読み取りやすくなるというメリットも。ヨーロッパには、大手スーパーチェーン「Carrefour(カルフール)」など、すでに使用されているところがいくつかあるようです。刻印次第で見栄えもよくなるかも?

Licensed material used with permission by ICAgruppen
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
車社会アメリカならではのサービスとして1930年代より全土に広まったドライブスルー。その存在が「地球温暖化」によって消えるかもしれない。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
世界中から観光客が訪れる有数のリゾート地「モルディブ」を目指して、一人のアクティブガールが海を渡りました。彼女の名前はAlison Teal、ハワイ生まれ...
新型コロナウイルス感染拡大のなか苦境に立たされる外食業界。料理の「先払い」によりレストランをサポートしようという動きが続々と。
スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
「YELLOW BLANK MARKET」が、新型コロナウイルスの感染拡大による営業自粛を受けてオンラインクラブを始動する。それに伴って4月3日〜5日の...
電気自動車メーカー「テスラ」のCEOイーロン・マスクが世界の病院へ向けて人工呼吸器を送料も含めて無償で配布することをTwitterで発表した。対象は「テス...
プラスチックの消費期限を印刷したシール。途方に暮れてしまう期間を見て、問題の深刻さが心に突き刺さる……。
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
2015年にアメリカで誕生した「Imperfect Produce」。規格外の野菜を売るサービスなんですが、そのインスタグラムのアカウントがかわいいんです...
あるイギリスの研究によれば、数十年後までに乱気流の数が激増するようです。これには、地球温暖化による気候変動が大きく影響しているのだとか。
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...