この夏、ローマ市内「水飲み場」から水が流れ出ないワケ

イタリアにおける“水の都”といえば、真っ先に思い浮かぶのがヴェネツィア。でも、古代から豊富でおいしい飲み水が市内のいたるところで、こんこんと清水のように出るローマは、もうひとつの水の都(街)です。

ところが、いま市民にも観光客にも涼を与え続けてきたローマの「水」に異変が……。

枯渇する2017年ローマの夏
水飲み場に起きた異変

1b569b17c47c8da6256ca8f0e1f8a161cc013f14

RomaToday」が伝えるところによると、市内の飲み水を管理するインフラ事業会社Aceaは、約2,800ヶ所とも言われる無料水飲み場(ナゾーニ)を、段階的に一時閉鎖することを発表したそう。

7月初旬よりすでに始まっているこの節水対策は、夏の終わりまで続く予定。ちなみに噴水は現在のところ対象外です。

そもそも、豊かな水はローマ繁栄の象徴。紀元前300年ごろに市内へと引いた水路を、15世紀ルネサンスの時代に復活させ、それを今日まで大切に使ってきました。人々は噴水のそばで憩い、365日止まることなく流れ出るナゾーニの蛇口からひんやりおいしい水を口にする。いわば、ローマの情景そのものでもあった水辺のストップで、街もローマっこの心も干上がってしまいそう。

60年で2度目の「暑い春」
節水対策でどこまで

事の発端は、今年の春先から続く市北東部に位置する、ブラッチャーノ湖の水位低下問題。観測至上2番目に暑い春を迎えた今年、ローマを含むラツィオ州はほぼ1ヶ月分の降水量が不足していたそうです。この大干ばつが引き金。

いま、ブラッチャーノ湖をはじめ南部のカーヴォ山など、“ローマの水がめ”となる近郊の水脈は、どこも同じように深刻な状況だとか。

「利用中止により、多くの人に不便を与えることは分かってます。それでも、非常事態解決の打開策として、今後もイニシアチブをとって閉鎖を続けていきます」

とは、AceaプレジデントPaolo Saccani氏の弁。付け焼き刃な対策と思えるかもしれませんが、多くのナゾーニは蛇口にハンドルがなく、言ってみれば垂れ流し状態なんですよね。ということを考えれば、打つべき手というのも納得。

オオカミや天使を象った蛇口から、再びこんこんと水が流れ出る日はいつになるのか。温暖化の影響は、街の風物詩まで変えてしまおうとしています。

Reference:Tgcom24, RomaToday
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
アクション俳優として、また元カリフォルニア州知事としての顔を持つアーノルド・シュワルツェネッガー。2015年12月、パリで開催された気候変動会議の場に招か...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
職業柄人に会うことが多いので、口臭には気を遣っています。コーヒーを飲んだ後やこってり系のご飯を食べた後には、ミントキャンディを一粒。ゴリッとカリッとした噛...
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
世界中から観光客が訪れる有数のリゾート地「モルディブ」を目指して、一人のアクティブガールが海を渡りました。彼女の名前はAlison Teal、ハワイ生まれ...
あるイギリスの研究によれば、数十年後までに乱気流の数が激増するようです。これには、地球温暖化による気候変動が大きく影響しているのだとか。
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...