サーバーの余剰熱を使って「お風呂」。そんな未来も遠くなさそう(オランダ)

夏になると、コンピューターの排熱がかなり気になってきます。「暑いし、熱い…」。大量のコンピューターが同じ部屋に入っているサーバールームならなおさら。

せっかく熱が出ているのだから、何かに利用できないのか? ということで「この熱をつかって、家庭のお湯を沸かそう」と考えた企業がありました。

オランダ発
一石三鳥なエコ発明

サーバーの排熱を利用した家庭用ヒーターシステムを考案したのは、オランダの「Nerdalize」という企業。

家庭用のパソコンですら、長時間使っていると部屋の温度を上昇させるくらいの余剰熱を感じます。これまでも、何万台ものデータサーバーを稼働させるデータセンターは、その余剰熱を発散するためにいろいろな方法を考えてきました。

大規模なものだと、北極近くの施設で潜水艦を使って冷却する方法さえあるそうなのですが、これはさすがに自然環境に負担がかかりすぎ。そう考えた彼らは、各家庭で余剰熱をヒーターとして再利用するサービスを開始したのです。

余情熱が
「湯沸かし」になる!?

通常、サーバーは1箇所のサーバールームに集められるのですが、「Nerdalize」はそれを分散させ、ケースに入れて各家庭に設置する方法をとっているそう。

1台のサーバーから発せられる余剰熱を、約1,000wのヒーターとして利用することができ、これはよくある家庭用ヒーターほどの熱量に相当します。

サーバーを設置するのに、初期費用として400〜500ユーロ(5〜6万円ほど)が必要になりますが、その後の使用料はずっと無料。年間にすると、約300ユーロ(約3万5,000円)の電気代を節約することができる見込みなのだとか。

一般家庭にサーバーを置く危険性や緊急時の対応など、まだまだ解決すべき問題は残っていますが、「Nerdalize」は調整を重ね、今年の8月には湯沸かしシステムとしてオランダの42世帯にサーバーを設置する予定。

企業にとっても一般家庭にとっても環境に優しい「一石三鳥」のアイデア。オランダから世界に広がっていくかどうか、楽しみです。

Licensed material used with permission by Nerdalize
サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
地球温暖化により水位が上がっていく海。何かをしなければ多くの場所が水没してしまうことになります。国民の生活を危険にさらしてしまう「水の恐怖」を知ってもらう...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
今年で48回を迎えるはずだった「ホノルルマラソン」の開催中止が決定した。withコロナでの「開催叶わず」に多くのランナーをはじめ、ハワイを愛する人たちの悲...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。
「HotTug」は、オランダで開発された観光用の湯船式ボート。飲み物片手に運河をセイリングし、街中をまわれる次世代ツールだ。すでに個人向けに販売が開始され...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
オランダ・ティルブルフで1月にオープンした図書館「LocHall」の前身は、電車の駅です。使われなくなった場所からみんなの集まれる場所へとリノベーションさ...
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。
半世紀以上アムステルダムで愛され続けているファストフードチェーン「FEBO」のコロッケ(クロケット)。自販機がズラリと並ぶ店舗で販売されていて、購入は小銭...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
10月20日、「ゼネラル・モーターズ」が「HUMMER」ブランドの電動自動車「HUMMER EV」を発表した。
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
「株式会社ユーグレナ」と「銀座久兵衛」がコラボし、地球温暖化により海洋生態系が破壊され、寿司から日本近海のネタが消える未来を予測した「寿司が消える日」。
コンパクトさと3秒でサッと開く&たためるスマートさが特徴のオランダ発カード型スマートエコバッグ「EVERLESS」に注目が集まっている。
環境保護を理由に飛行機に乗らないことで知られるグレタさんは、スペインでおこなわれた「COP25」に出席するために滞在していたアメリカから開催地までヨットで...
アメリカ・ネブラスカ州の気象局は、クルマのダッシュボードを使ったビスケット焼きを実演することで、たくさんの人に熱波の警告をした。
オランダのある牛が、今、SNSで注目を浴びています。彼女を助けるためにたくさんの人が協力し、約660万円が寄付されたとのこと。いったい、なぜなんでしょう?