サーバーの余剰熱を使って「お風呂」。そんな未来も遠くなさそう(オランダ)

夏になると、コンピューターの排熱がかなり気になってきます。「暑いし、熱い…」。大量のコンピューターが同じ部屋に入っているサーバールームならなおさら。

せっかく熱が出ているのだから、何かに利用できないのか? ということで「この熱をつかって、家庭のお湯を沸かそう」と考えた企業がありました。

オランダ発
一石三鳥なエコ発明

サーバーの排熱を利用した家庭用ヒーターシステムを考案したのは、オランダの「Nerdalize」という企業。

家庭用のパソコンですら、長時間使っていると部屋の温度を上昇させるくらいの余剰熱を感じます。これまでも、何万台ものデータサーバーを稼働させるデータセンターは、その余剰熱を発散するためにいろいろな方法を考えてきました。

大規模なものだと、北極近くの施設で潜水艦を使って冷却する方法さえあるそうなのですが、これはさすがに自然環境に負担がかかりすぎ。そう考えた彼らは、各家庭で余剰熱をヒーターとして再利用するサービスを開始したのです。

余情熱が
「湯沸かし」になる!?

通常、サーバーは1箇所のサーバールームに集められるのですが、「Nerdalize」はそれを分散させ、ケースに入れて各家庭に設置する方法をとっているそう。

1台のサーバーから発せられる余剰熱を、約1,000wのヒーターとして利用することができ、これはよくある家庭用ヒーターほどの熱量に相当します。

サーバーを設置するのに、初期費用として400〜500ユーロ(5〜6万円ほど)が必要になりますが、その後の使用料はずっと無料。年間にすると、約300ユーロ(約3万5,000円)の電気代を節約することができる見込みなのだとか。

一般家庭にサーバーを置く危険性や緊急時の対応など、まだまだ解決すべき問題は残っていますが、「Nerdalize」は調整を重ね、今年の8月には湯沸かしシステムとしてオランダの42世帯にサーバーを設置する予定。

企業にとっても一般家庭にとっても環境に優しい「一石三鳥」のアイデア。オランダから世界に広がっていくかどうか、楽しみです。

Licensed material used with permission by Nerdalize

関連する記事

サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
地球温暖化により水位が上がっていく海。何かをしなければ多くの場所が水没してしまうことになります。国民の生活を危険にさらしてしまう「水の恐怖」を知ってもらう...
野外排泄の問題で悩まされてきたオランダの首都・アムステルダムで、サステイナブルな公衆トイレが各所に設置された。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
環境先進国として知られるニュージーランドで生まれたエコバッグ「Zerobag2.0」が日本上陸。ペットボトルを100%素材に用いており、購入代金の一部を海...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。