農薬の代わりに「花」を植えたほうがいい理由とは?

農家の人たちは農薬を使う代わりに、花を植えた方がいいかもしれない。これは、フードエディターのWilly Blackmore氏の意見だ。
Blackmore氏が「TakePart」で書いた害虫を減らすために花を植えることのメリット。これを読めば、その真意がわかるはず!

pesticidesplant


書籍「Agriculture, Ecosystems, and the Environment」では、農地に花を植えることの素晴らしい効果を伝えている。農作地を美しく彩るだけでなく、ミツバチを育て、農薬の量を減少させることにつながるというのだ。

カリフォルニア大学バークレー校の研究者たちも、同意見。研究者たちは、カリフォルニア州特有の植物を同州ヨロ郡の農地に沿って植えた。ヨロ郡は、アブラムシなどの害虫が大量にいることで有名な地域。
彼らは2年間、雑草をそのまま生やした農地と、生け垣をつくり花を植えた農地とを比較した。その結果、花を植えた地域にはより多くのハチが生息していることが判明。さらに、てんとう虫やクモなど害虫の天敵も増えた。研究者は次のように伝える。

「農地に花を植えることは、景観をよくするだけではなかった。害虫の天敵を増加させることにつながったのだ」

pesticidesplant3

花が植えてある生け垣から、およそ半径200メートルの範囲で害虫が減少したという。さらにホコリを抑え、肥沃な土地にしてくれる効果も期待できるとか。

この研究は、セアノサスやカリフォルニアソバ、メキシコのニワトコなどの作物でも行われた。生け垣を設けた農地では、激しい雨や干ばつになっても生き残ることができたという。

当然、花を植えるコストは農家にとって頭が痛い問題。直線30cmあたりに、4ドル(約500円)ほどかかるのだ。しかし、カリフォルニア大学が公表した論文の中では、長期間の投資と考えれば安いと指摘する。

なぜなら、生け垣が育てば農薬のコストが抑えられ、何より農家の人が働く時間を縮小できるから。さらに、植えてある花がミツバチを育ててくれるため、わざわざ巣箱を買う必要もなくなる。

pesticidesplant2

ネズミやリスなどの動物にも注意が必要だ。生け垣を作らず、農地に沿って何も植えなければ、こういった動物が侵入する可能性が高まる。すると、野生動物が持つ大腸菌などのバクテリアが、作物に伝染することにつながる。最新の研究では、食品安全性を確保するため、農地に沿って植物を植えることを推奨している。

農業を研究しているLeopold Centerによると、トウモロコシ畑の中心に土地特有の植物を植えることで、水の流出を抑えてくれたという。

Licensed material used with permission by TakePart
Writer : Willy Blackmore

th_スクリーンショット 2015-09-01 10.39.31

有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
先端部分に注目。ここにテクノロジーが集約されているのです。中には植物の種がびっしり。地面にトレッキングポールを突き刺すごとに、種が埋め込まれる仕掛け。
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
あるイギリスの研究によれば、数十年後までに乱気流の数が激増するようです。これには、地球温暖化による気候変動が大きく影響しているのだとか。
枯れた砂漠が一面、ピンク色に染まった!?アメリカのメディアを中心に話題沸騰の写真。ここが、世界でもっとも乾燥した砂漠だと聞いても、にわかに信じられませんよ...
華道家にとって、花ばさみは欠かせない道具です。僕が使用しているのは〈有次(ありつぐ)〉の花ばさみ。包丁で知られる京都の老舗ですが、刃物屋なので、花ばさみも...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
健康を願うなら、食材選びは重要な要素のひとつ。皮まで食べる野菜や果物は無農薬を選びたいところです。とはいえ、これらはコストが高くて毎食取り入れるのは難しい...
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
このビジュアル、いたずらではありません。使い終わったら、種の入ったカプセル部分を植えるとーー。野菜や花、ハーブが生えてくる“エコな鉛筆”「スプラウト・ペン...
献花による深刻な水質汚染を改善するために、立ち上がったのが『HELP US GREEN』。彼らによると、国内には少なくとも60万以上の寺院があり、毎日献花...
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp生花を髪に飾りつける「花結い」の技法で独創的なヘッド...
素敵な女性を見て「自分には高嶺の花だなぁ」とため息をついたことはありませんか?美人だったり、仕事ができるエリートだったりすると「オレなんかじゃ無理か…」と...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
この場所は、アジア最大のフラワーマーケットと呼ばれている、『Mullick Ghat Flower Market』。たった数分でも、歩いていれば売れるのだ...