【フランス発】花びらをちりばめたチョコレート「CHOC’FLEURS」が可愛い♡

それは、花びらや木の実で飾り付けたアートなチョコレート。フランス発の「CHOC’FLEURS(ショックフルール)」が、いまInstagramで話題になっています。

見た目はもちろん、
「オーガニック」な点も魅力!

こちらがそのチョコレート。カカオはハイチ産。原材料は砂糖やミルク、胡麻にいたるまで全てが有機農産物なのだとか。

厳しい審査をパスし、フランスの有機栽培認証ABとECOCERTを取得。一般的にチョコレートに使われるレシチン(乳化剤)はもちろん、着色料や保存料などの食品添加物は一切使用していません。

肝心の花びらは、フランス中部サントル圏ブールジュ近郊で農家を営むクリスチャン夫妻の庭でのびのびと育てられたもの。

もともとオーガニック植物を栽培していた彼らは、レモネードや地元で摘んだ野生植物を使ったサブレを作っていたのだそう。あるとき、育てたハーブや植物とチョコレートを組み合わせるアイデアを思いつき、このカラフルなチョコレート「CHOC’FLEURS」が誕生したというわけです。

こうしたカラフルな花びらを乾燥させ、手作業で飾り付けていきます。色とりどりの花びらを纏ったチョコレートは、可愛いすぎて食べるのがもったいないくらい♪

Instagramでも話題に!

パッケージも可愛いですね!

板チョコだけではなく、こうした一口タイプも。気になるお味は、ぜひあなた自身で確かめてみてくださいね。

Licensed material used with permission by 輸入食材屋PORCO BACIO, shinari_shinari, shokocee, enokiyuta
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Kanye Westの『Runaway(Extended Video Version) ft. Push...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
溶かしたチョコレートにナッツやビスケットを入れて固めるだけ。
目が覚めるほど鮮烈なカフェイン入りのチョコレートです。エネルギーチョコレートと呼ばれることも。ビターなテイストの赤缶がオリジナルですが、甘めが好みならミル...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
「iHerb(アイハーブ)」でおすすめの「わざわざ日本に取り寄せる価値のあるチョコレート」を3つ紹介します。
イタリア政府が、小学生から高校生を対象に、2020年9月から「気候変動」についての授業を必修科目とすることを発表した。
「BOTANIST cafe」がクリスマスまでの期間限定で発売する「ホリデー ホットチョコレート」は、クリスマスツリーに見立てたクリームを好みのデコレーシ...
2月14日に男性へプレゼント。それももちろんイイけれど、個人的にはむしろ女性へ“逆バレンタイン”してしまいたくなるチョコレートがこちら。フランス生まれの「...
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
先日2016年2月11日、サンフランシスコ発のチョコレート専門店「DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオンチョコレート)」の日本1号店が東京...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
SNSで人気のお店って実際どーなんよ?価格や味を読者のみなさまにレポートしていく企画。今回は「Viva la Burger」。食感がおいしいリッチな“BO...
クレアモントの教会「Claremont United Methodist Church」が設置した、移民・難民が直面している状況を表現したインスタレーショ...
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
チョコレート界隈が騒がしくなる時期がやってきました。バレンタインのチョコというと、カラフルなチョコや、クリームが中に入っているようなトリュフを思い浮かべる...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
次世代コミュニティメディア「three」は“読むチョコレート”をコンセプトにし、エッセイとチョコを掛け合わせたスイーツブランド「Chocolate Lib...
フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...