「ダークチョコレート」を選ぶべき11の理由。

チョコレートが恋しい季節。ちょっと罪悪感を感じつつも、仕事中のおやつに欠かせない、となかなか手放せない気持ちはわかります。

そこで、糖分が含まれている甘いチョコよりは「ダークチョコレート」。って思う人は多いかも。しかし!チョコレート自体に罪はありません。むしろこんなメリットがあると考えられているようです。「Little Things」でおすすめされている内容を紹介。

01.
アンチエイジングになると
期待されている

1ba7b7672d140cca813cd1f046b54627e810effa

体内の細胞を傷つけ、老化を促進してしまうと言われている活性酸素。チョコレートには、ポリフェノールの一種であるフラバノールやカテキンなどが含まれていて、活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があると言われているようです。

02.
紫外線から肌を守ってくれる?

チョコレートに含まれるフラバノールは、血行をよくし、紫外線から肌を守ってくれるーーなんて言われているようです。

もちろん、日焼け止めも忘れないようにしないといけませんが…。

03.
血圧を落ち着かせると言われている
フラバノールが入っている。

フラバノールは、一酸化窒素の生成を促すのだとか。一酸化窒素は、血管の筋肉を拡げて血圧を降下させ、さらに血栓の発生も予防するとも考えられています。

加齢とともに、体内での生産能力が徐々に衰えていくとも言われているので、チョコレートで補うというのも、アリなのかもしれません。

04.
食物繊維や鉄分、
ミネラルなどが豊富

Fc214a5c3632d79771049039866c321b551a08b2

AUTHORITY NUTRITON」の記事によれば、100グラムのチョコレートの中には、食物繊維が11グラム、鉄分が1日に必要な量の67%、マグネシムが58%が含まれているそうです。腸内をキレイにし、貧血を予防し、生活習慣病やうつ病を予防するとも考えられているようです。

さらに、愛情ミネラルと呼ばれ、美容に関心の高い人々に人気のある「マンガン」に至っては、1日に必要な量の98%も!

05.
正しく摂取すれば
ダイエットに?

チョコレートに多く含まれる食物繊維は、消化器官の働きをサポートし、太りにくい体をつくるのに役立つと言われているようです。また、免疫機能の働きで高血糖になりやすくなる「炎症」を抑えられる、なんて考えも。

甘いチョコレートでは血糖値を上げてしまいそうですが、ブラックチョコレートなら…。どうでしょうか。

06.
「フラボノイド」が含まれている。

チョコレートは、血行をよくして、脳への血流を増加させると考えられています。つまり、より頭が働くようにしてくれるということだそう。

さらに、フラボノイドが含まれているため認知症予防に役立つのではないか、という研究が「国立生物工学情報センター(NCBI)」によって発表されています。

07.
気分を落ち着かせる

Ba96fcd5ae3d027abead9198e39a041761632422

チョコレートを食べると、脳内で幸せホルモンと言われているセロトニンや快感物質エンドルフィンといった物質が放出されるそうです。

08.
「視力が17%向上した」
なんて研究結果も。

Men's Health」の記事で紹介されたイギリスの研究によると、チョコレートを食べた人の視力が、なんと17%も向上したとか。

詳しいメカニズムについてはまだ明らかになっていませんが、おそらくチョコレートに含まれているフラバノールが関係しているのではないか、と考えられています。

09.
炎症や免疫系機能に働きかける。

皮膚の表面が赤くなっていたり痛みがある場合、内部で炎症が起きているのかもしれません。この炎症は、体の免疫系が一生懸命働いている証拠だそうです。

チョコレートには、こうした炎症を抑え、免疫系の働きを助けると言われているのだとか。

10.
善玉コレステロールが増える?

0b481f04be091ad162ab089616a17979d7526201

血液中に悪玉コレステロールが増えると、血栓ができやすくなり、心筋梗塞などのリスクが高まると言われています。チョコレートは善玉コレステロールを増やし、心臓や血管を健康に保ってくれるという意見もあるようです。

11.
せきの症状が緩和されるかもしれない。

せきに苦しむ患者にカカオに含まれるテオブロミンを与えたところ、約60%もの人において症状が和らいだーーそんな研究結果があったそうです。

せきやくしゃみも体内の免疫反応で起きた炎症が関係しており、チョコレートにあると考えられている消炎作用が関係しているのではないか、というわけ。

今日のおやつに、ダークチョコレートなんていかが?

Licensed material used with permission by Little Things
「テオブロマ・カカオ」これは、チョコレートやココアの原料となるカカオの学名。その意味は、“神様の食べ物”。「もう我慢する必要なし」とばかりに、あらゆる研究...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
不老不死を望む人が果たしてどれだけいるかは分かりませんが、アンチエイジングとなれば話は別でしょう。「若返り」──その核心を求めて、世紀をまたいだ科学者たち...
スムージーにはじまり、デトックスウォーター、コールドプレスジュース。ヘルシーで健康的な、美容系“黒船ドリンク”がいくつも日本にやって来ました。そしてまた、...
「揚げる」という工程をなくしただけでも、春巻きはヘルシーになる。
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
チョコレート界隈が騒がしくなる時期がやってきました。バレンタインのチョコというと、カラフルなチョコや、クリームが中に入っているようなトリュフを思い浮かべる...
「スピルリナ」というスーパーフードを知ってますか。30億年前から地球上に存在すると言われている藻類の一種。良質なタンパク質とビタミン、鉄分が豊富なこの藻が...
元来チョコレート好きで、いろんな変わり種チョコレートも食べ歩いてきた私も驚いてしまった。梅干し、奈良漬、柚子酒に山椒!? ロンドンで行われたチョコレートの...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
溶かしたチョコレートにナッツやビスケットを入れて固めるだけ。
お店に行くと、ずらっと棚に並んでいるチョコレート。よく見かける「ダーク」と「ミルク」だったら、あなたはどちらを選びますか?恋愛系の記事で人気の女性ライター...
先日2016年2月11日、サンフランシスコ発のチョコレート専門店「DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオンチョコレート)」の日本1号店が東京...
スーパーフードの「アサイー」を使った、ロースイーツをご紹介します。すでに日本人にもおなじみのこのアサイー。独特の濃い紫色は、ポリフェノールの宝庫だという証...
今年のバレンタインはどんなチョコレートをもらった?板チョコはちょっとがっかりだけど、それが「ビーントゥバー」なら話は別。数年前から話題になっているビーント...
しかも、カカオ豆からチョコレートになるまでの、各製作工程の豆を試食して選べちゃうチョコレートスタンドなんです!「Minimal 銀座Bean to Bar...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
小さな果実に栄養がたっぷり詰まったキウイ。春から夏にかけてはニュージーランド産が多く出回りますが、9月下旬からは国産モノも数多く登場してきます。健康維持、...
食べ物で性格を言い当てる、「Elite Daily」名物ライターGigi Engle氏が、なにやら気になる分析を記事にしました。チョコレートの好みで女性の...
夏は暑さで蒸れるなど、衛生面が気になる下半身。ここでは「Simple Organic Life」で紹介されている腟を健康に保つための7つのフードを紹介しま...
動画サイト「Kurzgesagt」が紹介する、アンチエイジング方法は一般的なものとは少し異なったもの。ある物質を体内に投与することで、皮膚ガンやアルツハイ...
2015年11月に東京・中目黒にオープンした「green bean to bar CHOCOLATE」は、その名の通り、「Bean to Bar」のチョコ...
チョコレートの原料となるカカオが地球上から消滅日が来るかもしれない…。