自分好みの本格チョコレートができる常滑焼の「カカオ焙煎器具」

近年、チョコレート業界では、カカオ豆からチョコレートになるまでの工程を一貫しておこなうBean to Bar(ビーントゥバー)が注目され、専門店が続々とオープンしているが、この「エコセロ」を使えば、なんと自宅で自分好みの味と香りのチョコレートを作ることができてしまう。

エコセロは、コーヒーの生豆専門会社「一宮物産」と、伝統ある常滑焼窯元がコラボして作った「自宅用カカオ豆焙煎器具」

窯元の一番のこだわりポイントは、軽い力でも綺麗に焙煎でき、煎りムラも少ない独自の構造。なお、非常に軽量で、一般的なコンロでもカカオ豆の焙煎が10分ほどでできてしまうという。

ちなみにエコセロ(ecosero)とは、「エクストリーム(extreme):究極の」「チョコレート (chocolate):チョコ」「セルフ(self):自分で」「ロースト(roast):焙煎する」の頭文字をとって名付けられたもので「究極のチョコレートは自分で(家庭で)焙煎する」という意味が込められている。

いつでもどこでも気軽に手に入るチョコレート(原材料:カカオ豆)だが、遠い国で作られたこの農作物には、経済格差環境負荷食の安全や安心のなど、いろいろな課題が......。本プロダクトには、こうしたさまざまな問題を知り、関心を持つキッカケにもなればとの想いもこめられている。

おうち時間を楽しむためのアイテムが、またひとつ誕生だ。

©Makuake
©Makuake
©Makuake

エコセロ』

【Makuakeプロジェクトページ】
https://www.makuake.com/project/iritateya

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

金属加工の街、新潟県・燕三条で誕生した「KOGU 珈琲考具」より、家庭でおいしいハンドドリップを楽しむために考え、デザインされたコーヒーのための「回転式ロ...
今秋注目のチョコレート菓子は、ネスレ発「カカオの果肉入りキットカット」だ。砂糖の代わりに、近年注目が高まる「カカオパルプ」を乾燥・粉末化したものが加えられ...
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
広島空港内に店舗&工場を構える「Foo CHOCOLATERS」のチョコレートは動物性の原料を使わないヴィーガン仕様。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、立食パーティと女子のイメチェンをほめることの次くらいに「食レポ」が苦手な人間が、背...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。