コーヒー新時代の幕開け。もう焙煎ずみの豆は買わない

コーヒー好きのみなさん、自宅で豆を挽くだけで満足していませんか?

コーヒーにどれだけこだわっていても、豆のローストの具合まではコントロールすることはなかなかできませんよね。しかし、豆を生豆の状態から手軽にローストできるアイテムが新たに登場。コーヒー新時代の幕開けになる?

10分以内でロースト完了

このマシーン「Kelvin」は、スイッチひとつで、コーヒー豆を自分好みにローストできるスグレモノ

使い方は実にシンプルのようで。本体に生豆を入れて、タイマーをセットするだけ。時間はロースト中にも変更可能のようだし、豆の様子を見ながら調整できたりも。

風を使って効率よく熱を加えているとかで、10分以内という超短時間でローストすることができるんだそう。これなら忙しい朝でもギリギリOKでしょ?

ローストが終わったら自動的に冷風で冷ましてくれるので、やけどの心配もありません。ローストは、カップ1〜6杯分まで、幅広く対応しているようなので、一人でも大勢でも楽しめますね。

深煎り、浅煎り……
飲み比べしたい!

これまで、豆の産地や淹れ方を変えることはできましたが、ローストだけは他人の手に頼らざるを得ませんでした。もちろん、自家焙煎用のツールもありますが、焙煎中の煙なんかの問題もありまして。

でも、この「Kelvin」を使えば、コーヒーの自由度が格段に上がりそう。専用のアプリを使えば、いつでも生豆を注文可能というのもNICE。世界中のさまざまな産地の豆が楽しめます。

同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ロースト時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうです。

生豆って、経済的なのです

しかも生豆って、実はお財布にも優しいのだとか。焙煎されたものと比べると、生豆の価格はほぼ半分以下。毎日コーヒーを飲む人ならこの差は見逃せませんよね。

おいしい、楽しい、しかも安いなんて、いいことずくめ。シンプルで洗練されたデザインも魅力的。コーヒーファンにぜひおすすめしたい「Kelvin」は、kickstarterでクラウドファウンディング中です。

Licensed material used with permission by IA Collaborative

関連する記事

今週22日(月)から“希少なコーヒー生豆”と“一流の焙煎士”を自由に組み合わせて注文できるアプリ「CROWD ROASTER」が配信スタート。
金属加工の街、新潟県・燕三条で誕生した「KOGU 珈琲考具」より、家庭でおいしいハンドドリップを楽しむために考え、デザインされたコーヒーのための「回転式ロ...
自宅で簡単に「コーヒー豆」と「ナッツ」が焙煎できるアイテム、「デュアル焙煎機」が登場した。コーヒー豆以外にも、あらゆる種類のナッツが焙煎できることも特徴。...
ドムドムハンバーガー、現代美術家・加賀美健(Ken Kagami)、JUNRedとのトリプルコラボが実現。
コーヒー生豆会社 × 伝統ある常滑焼窯元がこだわったコラボ商品「エコセロ」。カカオ豆焙煎が10分ほどでできて、自分好みの味と香りのチョコレートができる。豆...
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
株式会社Same Skyは、全国各地のロースターが焙煎したコーヒー豆を定期的に届けるサブスクリプションサービス「CAFE PASS・BOX」を9月上旬から...
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
スポーツ用品販売大手の「アルペン」は、日本各地の山々が持つ個性を表現したアウトドアコーヒー「このやまコーヒー」に取り組んでいる。
今月30日(日)まで応援購入サービス「Makuake」にて、世にも珍しい“紅茶の抹茶”を商品化した「紅抹茶 あかまっちゃ」が限定販売中。
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
新時代のコーヒー飲料の誕生。8/19発売のO CHER(オーカー)はコーヒー生豆を独自の焙煎法で加熱し、クロロゲン酸(ポリフェノール)やカフェイン、トリゴ...
コーヒーを飲むとき、チョコレートっぽい味とか柑橘系の風味などを感じることがあると思いますが、その味を作り出しているコーヒー豆にまで考えが及ぶことはあまりな...
世界の国別コーヒー消費量が第4位とも言われている日本の、全コーヒー好きに知って欲しい「国産コーヒー」の面白さをダイジェストで紹介。味の魅力、産地や生産農家...
7つの国の最高級コーヒーを“日めくり”感覚で味わえる「himekuriコーヒー」が「Makuake」に登場。
茨城県ひたちなか市が発祥の「サザコーヒー」が、今月末まで提供している特別なコーヒーがある。そのお値段、仰天の1杯50万円━━。
2021年2月10日(水)~ 3月15日(月)の期間限定で「ブルーボトルコーヒー」が初のポップストアを渋谷エリアに出店。
美味しいうえに、太りにくく、体にもやさしいお茶受け。フライパンで気軽に作れちゃいますよ。
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
ガラス張りの巨大な焙煎所がある学芸大学のコーヒーラボ&カフェ神乃珈琲〒152-0001 東京都目黒区中央町1丁目4-15https://www.kanno...
その日の気分によって豆を挽きたかったり挽きたくなかったりする。そんなコーヒー好きの悩みを解決してくれるのが、電動式と手挽きが両方可能なコーヒーミル「ARCO」。
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
奄美群島・徳之島の国産コーヒーシーンを特集。第三弾は、島で唯一吉玉農園の国産コーヒーが飲める、犬田布岬の喫茶店「自家焙煎珈琲スマイル」へ。徳之島で作られる...
「ブルーボトルコーヒー」のキャッシュレス自動販売機が登場。カフェのない場所や営業時間外でもスペシャルティコーヒーが楽しめる。コーヒーのほかにも関連商品の販...
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...